最新記事

ルポ新型コロナ 医療非崩壊

医療崩壊を食い止めた人々がいた──現場が教えるコロナ「第4波」の備え方

THE GOOD “MAKESHIFTS”

2021年3月17日(水)17時30分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

magSR210316_medical5.jpg

クラスターへの対応経験から知見を共有する重要性を説く中村郎 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

やがて国内でも徐々に感染が広がり、容態が急変する患者も旭中央に搬入され始めたなかで、ついに大規模クラスターが発生した。中村は感染管理認定看護師・宮本頼子らと共に3月29日に障害者施設に入り、すぐに事態の深刻さを痛感することになる。報道時点で陽性者は58人だったが、陽性者の数は膨れ上がり、3月末までに93人が確認された。県、国のクラスター対策班などと結成した対策本部はすぐに方針を打ち出す必要に迫られる。

当時、厚労省の方針は陽性者の全員入院だったが、増え続ける陽性者は県内の医療機関には到底収容しきれない。現場が導き出した方針は、「育成園全体を病院にする」ことだった。彼らのミッションは感染拡大を食い止め、流行を沈静化させること。重症者以外は入院させず、軽症者は全て施設内で診療すると決めた。

最初に取り組んだのは施設全体の厳格なゾーニングである。入所者の個室もある施設のほぼ全域の感染区域を「レッドゾーン」に指定し、施設職員や介護者にもPPEの着用を求めた。指導に当たったのは宮本たち看護師だ。ごくわずかな清潔なエリア「グリーンゾーン」は対策本部が使った。82人の入所者、通所者のうち「コロナ」という言葉が分かるのは2人ほどで多くは言葉によるやりとりも難しい。当然ながらマスクや手洗いの呼び掛けも徹底できない。

施設内のある部屋には、普段から仲がいい男性2人が同じベッドで寝ていた。その時点で1人は陽性で、1人は陰性だ。2人を引き離すのではなく、共に陽性者として扱うことが求められる。そんな現場だった。

4月21日のピーク時には職員も含め陽性者数は121人になったが、その後1カ月ほどで減少していった。入院は約15人で、最終的に死亡者は2人である。これは驚異的と言っていい数字だろう。職員たちも防護に習熟し、当初は誰もが先が見えないと思っていたクラスター対策は6月4日に完全に収束した。

magSR210316_medical7.jpg

コロナ感染リスクのないグリーンゾーンであることが一目で分かる旭中央病院内の掲示 旭中央病院提供


新人看護師が立派な戦力に

旭中央では知的障害のある患者の入院も受け入れた。彼らは新型コロナに感染しているにもかかわらず、病室から出ようとする。最初は、看護師数人で身体を固定して点滴などをしていたが、それはかえって逆効果だった。点滴のたびに飛沫は飛び散り、それとは別に看護師4人がかりで身体を拭くといった生活面のサポートも必要だった。

負担を軽減するため彼らは知恵を出し合った。病室内ベッドを布団に変えて、慣れている施設の環境に近づけてはどうか。効果はてきめんに表れ、患者たちは徐々に環境に慣れて、すんなりと治療が進むのだった。

彼らは初期に「最悪の事態」を経験したことで少なくとも3つの重要な知見を手に入れた。第一に不安は知識と現場の実践で軽減できること。第二に新型コロナは専門医にしか治療できない病気ではないということ。第三に地域全体で診療する体制をつくるため、責任を持って関与できる範囲を示すことである。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:北欧2カ国のNATO加盟に「待った」、トルコ

ビジネス

気候変動巡る投資家主導の取り組み、成果なく強化必要

ワールド

中国情報機関職員ら起訴、米居住の反体制派に諜報活動

ワールド

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月