最新記事

ルポ新型コロナ 医療非崩壊

カギは「災害医療」 今、日本がコロナ医療体制を変える最後のチャンス

THE GOOD “MAKESHIFTS”

2021年3月17日(水)17時50分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

magSR210316_medical15.jpg

佐々木淳(中央)は高齢のコロナ患者の在宅での治療は可能だと語る HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

佐々木もまた「自分たちでもある程度は対応できる」と語る医師だ。無論、治療方針は年代によって大きく異なる。新型コロナ最大の特徴は、高齢者、それも多疾患の高齢者の感染リスクが高くなることだ。彼らが相手にしているのは、超が付くハイリスク群と言えるだろう。

佐々木は高齢者をサポートするスタッフにも「介護現場が最前線」だと語り掛け、知見をシェアし、相談にも乗ってきた。「いなげ」の施設長、外口恵は「1年以上、緊張が続いていますが、ここが最前線だと言ってくれて、私たちはうれしかったです。いざ何かが起きたら、やれることをやるしかない。そこで誰に相談すべきかが分かっていますから」と話す。

「最高」は「最良」にあらず

佐々木が徹底しているのは、アウトブレイク(感染爆発)の予防だけでない。彼はそれが起きることを前提に「保健所がすぐには来ない、救急車も搬送不可能という状態」でのオペレーションが必要だと考え、備えてきた。激務が続く保健所は、すぐには駆け付けられないし、現状の医療体制では病院搬送も時間がかかることは目に見えているからだ。

普段からPCR検査体制を整え、施設関係者に陽性者が1人出たら保健所の指示のもと24時間以内に施設内の高齢者、職員に検査を自前で行い、ゾーニングまで完結させる。クラスター対策のように、施設全体の病院化も手段として十分にあり得る。

彼らは「いざという時」の備えを個人レベルにまで落とし込んでいる。「感染したとしても、尊厳を守る」医療を当事者と共に考えてきた。コロナ禍にあって訪問診療を積極的に続け、新型コロナ感染が疑われる段階であってもまず診察し、知見をためた。感染した場合、入院するのか、あるいは在宅で診るのか。佐々木たちは丁寧なシミュレーションと共に在宅と入院、双方のメリット・デメリットを説明する。

病院は最高の医療を提供できる。しかし、「最高」が個人にとっての「最良の医療」とは限らない。多疾患の高齢者で、余命もわずかという人がコロナに感染したとしよう。入院を希望すればそれはそれでいい。だが有無を言わせず入院させるよりも、家族と共に在宅で最期を迎えるほうが「最良」だと言ったら、彼らはそれに従う。

「在宅での治療は決して難しくはありません。高齢者の場合、そこまで飛沫を飛散させるということはないのです。呼吸が苦しくなれば在宅で酸素吸入もできます。痛みが激しい場合は通常の肺炎と同じように痛みを取り除く緩和治療もします。在宅で最期を迎えた場合、僕たちはご遺体を拭いて、遺体収納袋に入れるところまで一緒にやりますよ」

医師の訪問前に換気をしてもらい、マスク着用、必要ならば医療用ガウンなどを着用すれば十分だと言う。佐々木たちの説明を聞き、在宅という選択肢があることに驚き、それを希望する当事者は決して少なくない。多くの人はコロナに感染したら臨終の場に立ち会えないのではないか、と危惧している。だが、そもそも在宅治療という選択肢すら知らないというのが現実なのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国情報機関職員ら起訴、米居住の反体制派に諜報活動

ワールド

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

ワールド

ロシア小麦輸出、22/23年は増加へ 収穫・在庫高

ビジネス

第1四半期の世界債務は過去最多305兆ドル 米中が

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月