最新記事

オーストラリア

洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

2021年4月8日(木)17時45分
青葉やまと

「本当に心底ぞっとさせられた...... 」 Inside Edition-iStock

<洪水に見舞われたシドニー近郊で、数千匹のクモが住宅に押し寄せた。致死性の毒を持つ「殺人グモ」の出現も相次ぐ>

オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州で3月下旬、数十年に一度レベルの大規模な洪水が発生した。約1万8000人の住民が避難を余儀なくされた大災害は、浸水地域の広がりと共に、住民たちをさらに戸惑わせる異常事態を招く。通常は地面付近で活動しているクモが水に溺れまいとし、民家など高い場所を求めていっせいに這い上り始めたのだ。

ABCは民家の壁を覆うようにびっしりと発生した無数のクモの動画を掲載し、「まるで悪夢のようだ」と報じている。外壁にうごめく大小のクモは、この1棟の周囲だけでも数百匹ないしは一千匹を超えようかという密度だ。

住人の女性は発見当時を振り返り、「あんなものは今までに見たことがなく、本当に心底ぞっとさせられた」「辺りでクモを見かけることはたまにあったが、あれほどのことはなく、まさしく常軌を逸している」と語った。

女性が住む一帯は床下浸水に見舞われたが、幸いにも水位は床上に至らず、深夜1時を回ったころには水が引き始めたという。ほっとしたのも束の間、戸外の郵便受けを見ると小さな黒い集団がびっしりと覆い尽くしており、目を凝らすとそれらはすべてクモであることが判った。隣家のフェンスにも所狭しと大群がよじ登っており、「明らかに数千匹はいた」と女性は証言している。

オーストラリア爬虫類パークのティム・フォークナー園長は英インディペンデント紙に対し、クモたちは洪水で住処を追われ、乾いた土地を求めて大移動したのだろうと解説している。

通常は落ち葉の下や岩場、そして灌木の茂みなどを好むため、人目に触れる機会は比較的少ない。しかし、地面が水没したことにより、民家の床上など浸水していない場所によじ登るようになり、人々の生活に近いところに異常な数が密集する事態となった。

こうした身の毛のよだつ光景に留まらず、さらに危険な出来事が洪水の被災地を襲う。

殺人グモが活発に

洪水とクモ大量出現の組み合わせに住民たちは背筋を凍らせたが、これとは別に、専門家たちの間にも静かな危機感が広がっていた。ただのクモならさほど気にする必要はないが、シドニー近郊には「殺人グモ」とも呼ばれるシドニージョウゴグモが生息する。天気予報は気温の上昇を告げており、シドニージョウゴグモは高温と多湿の組み合わせを好むことから、行動の活発化は必至だ。

オーストラリア爬虫類パークで爬虫類およびクモ部門を統括するダン・ラムジー氏は、ニュース専門局の豪スカイニュースに出演し、危険性を警告している。氏はシドニージョウゴグモについて「ここオーストラリアに限らず、世界中でも最も危険なクモのひとつである可能性がある」と述べ、毒グモのなかでも屈指の毒性だと訴えた。

ニュース速報

ビジネス

英イングランド、欧米のワクチン接種完了者対象に隔離

ビジネス

中国、香港・マカオに新たな反制裁法導入を計画=WS

ビジネス

マクドナルド、第2四半期の業績急拡大 BTSセット

ビジネス

米、官民合同で国内重要インフラのサイバーセキュリテ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月