最新記事

ゲームチェンジャー

米コインベース上場、仮想通貨が金や為替と並ぶ主流資産に食い込む起爆剤となるか

2021年4月16日(金)19時33分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)
タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ

ナスダック上場の日、タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ(4月14日、ニューヨーク) Shannon Stapleton-REUTERS 

<ビットコイン価格急騰の波に乗る仮想通貨取引所大手コインベースが鳴り物入りで上場、時価総額はNYSEやナスダックを大きく上回った>

今週14日(水)の米株式市場は寄り付き前から高揚感と期待感に包まれ、日中を通して「歴史的」「象徴的」などの言葉が飛び交うなど、どこかお祭り騒ぎの様相を呈していた。

その理由は、S&P500株価指数が取引時間中に過去最高値を更新したからでも、大手銀行の第1四半期決算が大幅増益になったからでもなく、コインベース・グローバルという一般的にはあまり馴染みのない会社がナスダック市場への上場を果たしたからだった。

米サンフランシスコに拠点を置くコインベースはいわゆる暗号資産(仮想通貨)取引所の最大手で、ビットコインをはじめ約50種類の暗号資産を取り扱っている。2012年に創業され、現在では100ヵ国以上で約5600万人に利用されており、プラットフォーム上の総資産額は暗号資産市場の11.3%シェアに相当する2230億ドルに上る。

同社の上場は米国の暗号資産取引所として初めてで、折しもビットコイン価格が年初来2倍以上に跳ね上がり、大手企業や金融機関も拡大しつつあるパイの一部を取り逃がすまいとこぞって参入するなど、仮想通貨界隈がかつてないほど盛り上がりを見せる中で行われた。

新株を発行しない直接上場(ダイレクトリスティング)としてはナスダック市場初めてのケースでもあり、注目度の高さから午前中は買い気配で値が付かず、午後になってようやく参考価格の250ドルに対して初値381ドルで取引を開始した。その後すぐに一時429.54ドルまで上昇した後、328.28ドルへと反落して大引けを迎えた。

終値に基づく時価総額は完全希薄化ベースで約860億ドル(約9兆4000億円)と、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)やナスダックを大幅に上回る規模となった。フォーチュンによると上場時の時価総額としては民泊大手エアビーアンドビーやSNS大手フェイスブックなどに次いで米国史上5位以内に入ったと推定される。

暗号資産市場は分岐点に差し掛かっている

暗号資産に明るい一部の市場参加者や投資家以外にはほぼ無名に近かった同社がこれだけ注目されたのは、コインベースの上場が従来ニッチな市場で実体も掴みにくく、やや敬遠されがちだった暗号資産の世界がメインストリームに躍り出るきっかけになると期待されているからだ。

ビットワイズ・アセット・マネジメントの首席投資責任者、マット・ホウガン氏はCNBCとのインタビューで、暗号資産はこれまでその他主要資産と一線を画す「壁」に隠れる形で発展してきたが、コインベースの上場が「この壁を取っ払うことになる」と指摘した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日米首脳会談、中国巡るトピック協議へ=ホワイトハウ

ワールド

仏、2月からコロナ規制緩和 ワクチンパス提示義務は

ビジネス

米上院司法委、ハイテク大手対象の法案承認

ワールド

核合意再建協議、数週間以内に「決定的」局面迎える=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から「アンガーマネジメントが必要」との声も

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 9

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 10

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月