最新記事

人種差別

重大な変化の時?黒人男性死亡事件で警官に有罪判決

Joe Biden Says Derek Chauvin Verdict Can Prompt 'Moment of Significant Change' for U.S.

2021年4月21日(水)20時59分
エリザベス・クリスプ
黒人男性を死亡させた元警官に対する有罪評決を祝うデモ隊

黒人男性を死亡させた元警官に対する有罪評決を祝うデモ隊(4月20日、ニューヨーク)Jeenah Moon-REUTERS

<黒人男性を死亡させた元警官に有罪評決が出た直後、バイデンは遺族に連絡をとり、国民に人種差別解消に向けた決意と警察改革を訴えた>

黒人男性ジョージ・フロイドを逮捕する際、首を膝で圧迫して死亡させたデレク・ショービン元警官に殺人を含む3件の有罪評決が出たこと受けて、ジョー・バイデン大統領は国民向けに演説を行い、フロイドの事件に抗議する昨年夏の全国的なデモを公民権運動と比較し、議会に全面的な警察組織の改革を迫った。

「あれは白昼堂々行われた殺人だった。全世界がアメリカ全土に蔓延する人種差別を目の当りにした」と、バイデンは有罪の評決が発表された後、国民に語った。「今夜、この国は一体となるべきだ。アメリカ人として、われわれは決してアメリカを憎悪の安全な隠れ家にしてはならない」

米議会では連邦警察改革の包括法案が審議されている。すでに下院は通過した法案だが、民主共和両党の勢力が拮抗している上院での通過には困難が伴うとみられている。

2020年5月25日に警官に取り押さえられて死亡したフロイドにちなんで「ジョージ・フロイド警察活動の正義法案」と呼ばれるこの法案は、司法省と州司法長官の警察に対する監督権を強化し、身体や車につけたカメラによる現場の撮影を義務づけ、容疑者の制圧に首を絞めることや、予告なしの家宅捜索を禁じる。

「この評決は大きな変化のきっかけになりうる」と、バイデンは、ほぼ10分間の大統領演説を締めくくった。大統領が個別の刑事事件の有罪判決についてこれほど長く語ることはめったにない。

遺族と支持者に電話

この事件の一部始終は、現場に居合わせた人が撮影した動画で明らかになっている。そこにはショービンがフロイドの首を膝で9分以上押さえつけ、路上で死に至らしめた様子が記録されていた。この動画はソーシャルメディアを通じて広く拡散され、昨年の夏に全米各地で抗議デモが起きた。さらに2週間にわたる裁判でも、動画の内容が何度も明確かつ詳細に示された。

ショービンは第2級殺人、第3級殺人、第2級過失致死で告発され、3つの罪状すべてで有罪と判断された。

バイデンとカマラ・ハリス副大統領は、ホワイトハウスのプライベートダイニングルームでスタッフと評決のニュースを見た。その後、バイデンはミネソタ州知事ティム・ウォルツに電話をかけた。

バイデンとハリス、ファーストレディーのジル・バイデンは、ホワイトハウスからジョージ・フロイドの兄フィロニスに電話をかけ、裁判所の廊下に集まったジョージ・フロイドの支援者はそのやりとりをスピーカーフォンで聞いた。

「あなた方にぜひお会いしたい」と、バイデンは電話で語り、フロイドの名がつけられた警察改革法案の成立を誓った。「われわれはもっと多くのことをやりとげるだろう」

ニュース速報

ワールド

ドイツのコロナ感染者、10万人当たり100人下回る

ワールド

政府、3道県への緊急事態・群馬など3県へのまん延防

ビジネス

東芝が10月に新中計、事業再編視野 非上場提案も検

ワールド

新型コロナ起源、研究所からの漏えい排除できず=著名

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月