最新記事

トランスジェンダー

トランスジェンダーの子供を脅かす暴力的な米保守派

Transgender 4th Grader Gets Death Threats

2021年4月22日(木)18時35分
ダニエル・ビャレアル
泣く子供のイメージ

性別違和に悩む子供には周囲の理解と支援が必要なのに Sam Thomas-iStock

<トランスジェンダーの子供に対する薬物治療を罰する法案を批判する証言を行った子供に「死ね」と脅迫が殺到>

テキサス州に住む小学4年生のトランスジェンダー、カイ・シャプリーは4月12日に州議会の委員会で証言を行った。その後カイのSNSアカウントには「死ね」などの脅迫メッセージが殺到していると、母親のキンバリー・シャプリーは訴える。

カイがテキサス州上院州務委員会に喚問されて証言を行ったのは、保守派の議員団が提出した法案の審議のためだ。

問題の法案1646号は、「第二次性徴を抑制する処方薬または性転換のためのホルモン剤の投与または提供を許可するか手助けする」ことを児童虐待の定義に含める、という内容だ。

この法案が通れば、性自認と生まれつきの性が異なる未成年者は、FDA(米食品医薬品局)が認可したホルモン療法を受けることはおろか、第二次性徴を遅らせる処方薬を飲むことも許されず、それを許可するか手助けした親や保護者、医療従事者、薬剤師は刑事責任を問われることになる。

10歳の勇気に反発する大人

カイは議会でこう訴えた。「自分のことは自分で決めたい。テキサス州の(保守派)議員は、私がプレK(幼稚園入園前)の頃から、何かといちゃもんをつけてきた。今は4年生。いい加減にしてほしい」

さらに、宗教的な立場から法案を支持していると述べた共和党のチャールズ・ペリー州上院議員に、カイはこう反論した。

「私を創ったのは神さま。神さまはありのままの私を愛してくださっている。神さまが間違いを犯すと言うのですか」

母親のキンバリーは4月20日付のツイートで、娘が脅迫を受けていると知って、SNSを一切使わないよう助言したと明かした。

「10歳の子供に宛てたとは思えないようなメッセージやコメントに震え上がった。一番新しいコメントは、娘のYouTubeチャンネルへの書き込みで、『ったくムカつくガキだ。こんなクソガキは殺されればいい』というものです」

トランスジェンジェンダーの息子を支援し、やはり州議会で証言をしたもう1人の母親、アンバー・ブリッグルも証言後に自分や家族に宛てに殺人予告などの脅迫が殺到していると訴えている。

ニュース速報

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

ビジネス

訂正三井住友FG、今期純利益予想6000億円 社長

ビジネス

アマゾン、英国で今年1万人雇用へ

ワールド

中国探査機、15─19日に火星に着陸=国家航天局

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月