最新記事

動物

全米第4の大都市ヒューストンが「野生の王国」に?

Houston Highways Turning Into Wild Kingdom With Tiger, Alligators, Cows

2021年5月11日(火)18時58分
スコット・マクドナルド
トラ

住宅地に突然トラが表れた Freder-iStock

全米第4の都市、テキサス州ヒューストンを走るドライバーはこのところ驚くことばかりだ。昨年頃から、ウシ、トラ、ワニ、サル、ウマなどさまざまな動物が高速道路や街中に出没し、まるで「野生の王国」だ。

5月6日には、州道99号線を走っていた自動車が、体長3メートル、体重約136キロのワニに衝突、そのまま1.6キロ引きずる事故が発生した。

その3日後には、トラが州道6号線とメモリアル・ドライブに近い住宅地をうろついていると通報が入った。先月は、一頭のウシが高速道路に迷い込み、渋滞した車を尻目にうろつき回る事件もあった。同じ日にはまたワニが表れ、巨大なフレッドハートマン橋を渡っているところを数人がかりで捕まえる捕物があった。


なかでもハイライトはやはりトラ。メモリアル地区の住民から、トラが芝生の上を歩いていると通報が入ったのは5月9日。車で通りかかった人が撮影した動画を見ると、一人の男性が、首輪をつけたトラと飼い主らしき男性に銃を向けている。銃を持つ男性は郡保安官代理で、非番のときにこの猛獣と遭遇したようだ。

警察無線などを傍受するブロードキャスティファイには、通報を受けて慌てたヒューストン警察指令員の報告が録音されていた。「トラについての通報です。郡保安官代理だという通報者と電話がつながっています。彼が飼い主を取り押さえていますが、飼い主は逃げようとしているようです」

問題は、なぜヒューストンが野生の王国になりつつあるのかだが、それについての説明はまだ見つかっていない。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

先端技術開発の基金創設へ=山際経済再生相

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 8

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 9

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 10

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月