最新記事

北朝鮮

金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

Kim Jong Un Had Conductor Executed by a Firing Squad, S. Korean Paper Says

2021年5月11日(火)20時08分
ジョン・ジャクソン
金正恩

金正恩が指揮者を処刑したという話の真偽は不明だが、ネットでは大きな話題だ KCNA/REUTERS

<故金正日総書記の生誕記念公演での些細な発言が原因?>

韓国の新聞が先日、北朝鮮の最高指導者である金正恩総書記の命令で、合唱団の指揮者が公開処刑されたと報じた。記事によれば、この人物は大勢の人の目の前で90発も銃で撃たれて死亡し、合唱団はその遺体の周囲を行進することを強要されたという。

日刊紙「東亜日報」の記者、周成賀が書いたこの記事は、4月29日に発行された後、インターネット上で拡散されている。現時点で、記事の内容を裏づける証拠は見つかっていない。

周によれば、きっかけは故金正日総書記の誕生日である2月16日の出来事。北朝鮮はこの日を「光明星節」として祝っており、金正恩は妻と共に平壌にある万寿台芸術劇場で記念公演を鑑賞した。

公演の演目のひとつが「シャドー・マジック」と呼ばれるもので、俳優たちがスクリーンの裏で手品を行うパフォーマンスだったという。周によれば、公演後に金正恩が劇団を褒めたが、ある指揮者が近くにいた人物に「自分はそんなにいいと思わなかった」と話したのが密告で金の耳に入ったらしい。その夜遅くに、この指揮者は身柄を拘束されたと周は書いている。

3人のライフル銃兵が30発ずつ

そして2日後、平壌在住のすべてのアーティストに集合命令が下った。記事によれば、彼らが2月20日に処刑場に集まると、問題の発言を行った合唱団の指揮者が縛りつけられていたという。

周は記事にこう書いている。「合唱団の指揮者は、集まった人々の目の前でひどい死に方をした。処刑はAK47自動小銃を持ったライフル銃兵3人によって行われ、それぞれの銃兵が10メートルの距離から30発ずつ撃った。90発の弾で撃たれた遺体は、持ち上げることもできないほどずっしりと重かった」

記事によれば、処刑されたのは記念公演の指揮者を務めた人物で、名前は「Hyun-woo Cho(チョ・ヒョンウ)」と聞こえたという。周は記事の中で、この名前についてインターネットで調べてみたところ、指揮者で同じような発音の名前の人物は「Hyun-ho Ryu」だけだったと書いている。

周は記事を書いた時点で、処刑された人物の名前にはいまだに確信は持てないと述べ、「だが問題の指揮者が公開処刑されたことは確かだ」と書いている。 

ニュース速報

ビジネス

コロナ後の金融・財政:緩和政策の転換、「前向きの好

ビジネス

6月ロイター企業調査:9割はサイバー攻撃に対策、大

ビジネス

6月ロイター企業調査:女性役員10%未満が約9割、

ビジネス

全国コアCPI5月、20年3月以来のプラス圏、エネ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月