最新記事

英王室

メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司会者が「偽善だ!」

Piers Morgan Calls Meghan Book “Beyond Parody”

2021年5月6日(木)16時36分
ジャック・ロイストン
息子のアーチーをあやすメーガンとヘンリー王子

息子のアーチーをあやすメーガンとヘンリー王子(2019年の南アフリカ訪問時に撮影) Toby Melville/Pool-REUTERS

<実父を容赦無く絶縁したメーガンに「父子の絆」を描く資格なしと批判>

夫のヘンリー王子と息子アーチーをモデルに、父子の絆を描いた作品で絵本作家デビューをすることになったメーガン妃に、イギリスの情報番組の元人気司会者が早速かみついた。

父親と縁を切ったメーガンが、父子のつながりを描くのは「偽善」もいいところだ、というのだ。

出版社ランダムハウス・チルドレンズブックスは5月4日、メーガン妃の処女作『ベンチ』の刊行を発表した。メーガンは声明で、子供向けのこの絵本は「温かく、喜びに満ちた、心安らぐ」父親と息子の「特別な絆」を描いた作品だと述べた。

英紙デイリー・メールのオンライン版に連載中のコラムでこれを批判したのは、朝の情報番組『グッドモーニング・ブリテン』の元司会者で、メーガン批判の急先鋒として知られるピアーズ・モーガン。

メーガンは声明で多様な価値観を尊重する「インクルーシブ」な視点で書いた本だと述べているが、自分の父親であるトーマス・マークルに対する彼女の姿勢はそれとは正反対だというのである。

「忘れてはいけない。ミズ・マークル(メーガンのこと)は自分の父親と情け容赦なく縁を切り、今では(メキシコの)彼の家からわずか100キロ程の所に住んでいるのに、一切関わりを持とうとしない」と、モーガンは書いている。

「インクルーシブとは正反対」

「彼女はマークル家のほかの人たちとも絶縁し、彼女の結婚式には誰も招待されなかった。『インクルーシブな視点』なるものをやたらと強調する人間が、身内にこういう仕打ちをするのはいかがなものか」

「実のところ、これは甚だしく『排他的な視点』ではないか」と、モーガンは吠える。

モーガンによれば、「彼女はオプラ・ウィンフリーのインタビューで、長々と虚偽に満ちた苦情を言い立て、実父トーマスをこれでもかと攻撃したが、その様子は『温かく、喜びに満ちた、心安らぐ』ものなどではなく、冷たく、怒りに満ちた、神経を逆撫でするものだった」。

「ミズ・マークルは注目を浴びることに際限のない欲求を持っているようで、途方もない偽善も辞さないが、これはもはやパロディの域を超えていて、(目を覆いたい)現実がそこにある」

メーガンはロイヤルウエディングを目前に控えた2018年5月、父親がパパラッチと共謀して、「花嫁の父」を演じるヤラセ写真で荒稼ぎをしようとしたことを知り、親子の縁を切った。

彼女は父親に決別の手紙を送り、その中で今後は一切メディアに自分の話をしないよう求めたが、父親はその手紙をタブロイド紙メール・オン・サンデーに渡し、一部が公開された。怒ったメーガンは同紙の親会社を訴え、今年2月に勝訴した。

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン接種で血小板減少伴う血栓症例が415

ビジネス

インド独禁法調査再開に異議、フリップカートとアマゾ

ビジネス

コロナ後の金融・財政:緩和政策の転換、「前向きの好

ビジネス

6月ロイター企業調査:9割はサイバー攻撃に対策、大

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月