最新記事

アメリカ政治

元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し、アメリカの分断を煽る

Choosing Servility Over Country

2021年5月11日(火)18時52分
ウィリアム・サレタン
チェイニー下院共和党会議議長とトランプ(2019年11月)

下院共和党会議議長を務めるチェイニー(前列左端)の批判的な姿勢に、トランプは腹の虫が治まらない(2019年11月) MARK WILSON/GETTY IMAGES

<前大統領は今もアメリカの信用をおとしめ続け、共和党も彼に批判的な幹部の追い落としを支持>

米共和党が、リズ・チェイニー下院共和党会議議長を追い落とそうとしている。ドナルド・トランプ前大統領は昨年の大統領選での敗北を「不正」だと主張しているが、下院共和党で3番目に高い地位にあるチェイニーが彼の嘘を受け入れないためだ。

共和党がチェイニーではなくトランプを選べば、真実より嘘を選んだというだけではない。それは、愛国心より隷属心を選んだことになる。トランプは「アメリカ第一」を掲げる一方で、国を分裂させ、信用を失墜させるために今も動き続けている。

1月6日、トランプは大統領選での敗北を議会が認定するのを阻止しようと、支持者をたきつけて連邦議会議事堂に送り込んだ。暴徒化した支持者の試みは失敗に終わり、トランプは1月20日に任期満了で退任。だがそれ以降、トランプはインタビューや演説、文書などで十数回にわたり、昨年の大統領選は「不正」であり、「完全な詐欺」であり、「何千万もの偽の投票用紙」によって選挙が「盗まれた」などという真っ赤な嘘を支持者に向けて唱え続けている。

こうした嘘をつくとき、トランプは反乱をあおり、政府への信頼を損ねるような表現を選ぶ。2月28日には、保守政治活動集会(CPAC)で、ジョー・バイデン現大統領は選挙に勝っていないと語った。

民主主義を壊す具体的方法を提言

「バイデンは勝ったか? いや違う」とトランプが言うと、支持者たちは「勝ったのはあなただ!」と連呼した。するとトランプは「勝ったのは『私たち』だ」とあおった。

トランプは3週間後、自身の公式サイトへの「第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプの声明」と題する投稿で、「われわれは非合法的な選挙を行った」と主張した。4月12日には、米政府は「違憲である選挙で選ばれ、この国を破壊しようとしている急進左派の民主党員」によって掌握されていると記した。

トランプは、アメリカの民主主義を破壊するための具体的な手段まで提言している。右派コメンテーターのリサ・ブースが3月22日に行ったインタビューでは、共和党の上院議員は「姿を見せない」ことで民主党の法案を阻止すべきだと提案した。

ニュース速報

ビジネス

コロナ後の金融・財政:緩和政策の転換、「前向きの好

ビジネス

6月ロイター企業調査:9割はサイバー攻撃に対策、大

ビジネス

6月ロイター企業調査:女性役員10%未満が約9割、

ビジネス

全国コアCPI5月、20年3月以来のプラス圏、エネ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月