最新記事

感染症対策

欧州各国、コロナ検査キット無償配布 一方で製薬会社の「暴利」批判も

2021年5月15日(土)12時55分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

newsweek_20210514_022940.jpg

あちこちの薬局で、無償配布のお知らせが掲げられている(筆者撮影)

子ども含む全国民3分の1の初回配布分が出荷完了

筆者は、すぐに薬局に行かなかった。すると、配布から数日後、テレビのニュースでチューリヒの繁華街にあるA薬局の様子が流れ、「一気に人が来たため、すでに不足気味になっている。しかし、ロシュは一定量の配送はすると言っており、次の水曜か木曜にはまた配布できるはずだ」と店長が話していた。その水曜日、チューリヒでB薬局に行ってみるとまだ品切れ状態だった。

配布から10日後の午後、今度はC薬局に足を運んだ。もう数日待たないとだめだろうと思っていたら、あっさりと受け取れた。ただし、C薬局では「一家庭に2パックまで」と制限を設けていて、息子の分をもらうことはできなかった。店員に聞くと、午前中は受け取りたい人で長蛇の列だったそうだ。

スイス薬剤師連盟は、検査キットの数が限定的なため国民には仲間意識をもってもらい、必要な分だけ受け取るようお願いするとしている。将来的には他社の検査キットも承認され、購入も自由にできるようになるだろうとのことだ。

同連盟の説明通り、5月10日からは米ベクトン・ディッキンソンアンドカンパニーの検査キットの配布も始まった。

薬局の負担大

ロシュの5個の検査キットは透明な袋に入っている。検査キットは25個の箱入り(医療機関への販売単位)で、各薬局が箱から出し、5個ずつ手作業で詰め直している。なかには間違いがあってはいけないからと、1パックずつ計量し、重量によって最終チェックをする薬局まである。

スイス薬剤師連盟は、この作業は薬局の負担が大きいと公的な場で述べた。ロシュは近い将来5個入りパッケージを販売する予定になっているというが、いつから可能なのかは不明だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

再送-ウクライナ戦争で難路、銀行は備えを=ECB

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者5億2

ワールド

中国で操業停止の台湾企業、半数が業務再開=経済部長

ビジネス

自動車の税制改正、成長に向け「設計図描き直す時期」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月