最新記事

ファッション

屋外で過ごすことが多い夏は、万能「チャコ・サンダル」だけでOK

The Only Summer Shoe You’ll Ever Need

2021年6月18日(金)11時12分
シャノン・パラス(科学ジャーナリスト)
チャコ・サンダルのZX1クラシック

筆者が愛用している「ZX1クラシック」なら、ちょっとしたお出掛けもOK PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY CHACOーSLATE

<靴ほどのきちんと感はないけれど、快適で通勤やデートにも使える「チャコ・サンダル」は夏にぴったりの一足>

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人もそうでない人も、夏は戸外で過ごすことが多い季節。外で何をするにせよ、「チャコ・サンダル」はぴったりだ。

チャコはコロラド州で1989年に生まれたサンダルのブランドだ。ラフティングのガイドだった創業者は、水に強くて足をしっかり支えてくれる履き物(と、もっと稼ぎのいい仕事)が欲しいと考え、分厚いゴム底にナイロンの細めのベルトが付いたサンダルを考案した。

私はチャコのサンダルを履いてラフティングをした経験はない。それでも短距離のハイキングやビーチ、買い物やヨガ教室や食事に出るのにも、公園を散歩したりデートしたり、リモート勤務になる前は出勤するのにも履いていた。

しっかりした作りで、よほど派手な色のものを選ばない限りは悪目立ちしないから、履いて行く先を選ばない。もっとも、とことん実用的で色気もないから、ちょっといいレストランやカジュアルデーでもないオフィスに履いていくときは、ぎりぎりのところで許してもらっているのかな、という気にはなる。

常態への移行期には気軽さが合う

それでもパンデミック(感染症の世界的大流行)から常態への移行期には、窮屈な本物の靴より、チャコのサンダルのほうがしっくりくると私は思う。念のため言っておくと、私だってパンデミック前の夏は、「フライ」の200ドル以上したハイヒールも普通に履いていた。気温が15度を上回ったらチャコ一択という結論に至ったけれど。

チャコのサンダルとひとことで言ってもいろんな種類があるけれど、創業当初からあるのが、足の甲の上を厚地の細めのベルトがジグザグに通るデザインの「Z1クラシック」だ。それに続く2代目モデルの「Z2クラシック」は、私自身は試したことがないが、指先にベルトがかかるデザインのため、まめができる人もいると聞く。

私が愛用しているのは「ZX1クラシック」という、2本の細いベルトで足を固定するデザインのものだ。色は黒。色・柄の選択肢は多いのだが、黒のほうがちょっとおしゃれに見えると思ったからだ。

どんなデザインを選ぶのであれ、履く前にまず自分の足に合わせてベルトを調節しなければならない。ソールの中を通って足にぐるりと巻き付く構造になっているのだが、心配することはない。最初はちょっと分かりづらいかもしれないが、チャコのウェブサイトには図解付きの説明がある。それに、調節は購入後の1回だけでいい。

ニュース速報

ビジネス

米雇用、毎月約50万人増へ 来夏までにコロナ前回復

ビジネス

トランプ氏、司法省の納税開示命令に異議 「正当な根

ビジネス

WHOトップ、コロナワクチン追加接種「9月末まで先

ビジネス

FRB副議長、23年の利上げ開始支持 「インフレリ

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月