最新記事

比ドゥテルテ、支持率急落 奇策の副大統領出馬が憲法違反の疑い

2021年9月30日(木)18時20分
大塚智彦
フィリピンのドゥテルテ大統領批判のデモ

フィリピンのドゥテルテ大統領への批判の声が高まっている Eloisa Lopez - REUTERS

<トップからナンバーツーを目指す男。その真の狙いとは?>

2022年のフィリピンの大統領選挙で副大統領選への出馬を決めたドゥテルテ大統領への国民の支持率が低下している。同国の民間調査機関「パルス・アジア」による世論調査の結果明らかになったもので、地元マスコミも一斉にその結果を伝えている。

ドゥテルテ大統領は2016年の大統領就任後、麻薬取締対策などで強硬とも非難された手法で辣腕を振るい、国民からは常に80%前後という高い支持率を誇ってきた。それがここにきて急に低下傾向を示し始めているのだ。

その人気下降の一番の背景には2022年5月に行われるフィリピンの次期大統領選挙に副大統領として出馬することへの反発があるのは間違いないとされている。

フィリピンでは憲法の規定により、大統領の任期は「1期6年」と決められており、再選は禁止されている。このためドゥテルテ大統領は次期選挙に大統領として出馬することは憲法違反となるため不可能だ。

そこでドゥテルテ大統領が名誉総裁を務める最大与党「PDPラバン」から指名を受ける形で副大統領への立候補を決める、「奇策」ともいえる出馬となった経緯がある。

憲法違反の可能性も指摘

ところが出馬直後からその「奇策」に対して学者や国会議員の中から「大統領経験者の副大統領出馬には憲法上問題が残る」との指摘が相次いだ。

これまでフィリピン史上、大統領経験者が副大統領に就任した前例はない。もしドゥテルテ大統領が副大統領選で勝利して就任した場合、就任そのものは憲法違反とはならない。

しかし、副大統領在任中に新たに選ばれた大統領が健康上の理由や死亡、弾劾など何らかの理由で「大統領としての職務を履行することが困難になった」場合、副大統領がその職務を継ぐことになっており、そうなると「大統領の再選禁止規定」に抵触し、憲法違反になるというのだ。

副大統領候補としての支持率14%

「パルス・アジア」は9月6日から11日にかけて2400人を対象にした世論調査を実施。その結果、副大統領候補としてのドゥテルテ大統領の支持率は14%。同じく副大統領に出馬を表明しているソト上院議員は支持率25%でトップとなり、ドゥテルテ大統領は2番手に甘んじる結果となった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ナスダック調整局面入り

ビジネス

NY外為市場=国債利回り低下でドル軟調、利上げ観測

ワールド

米政権、半導体業界に対ロシア輸出規制の可能性警告 

ワールド

米政府、「N95」マスク4億枚を無償配布 コロナ対

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場所」で見つかった

  • 3

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 6

    もはやオカルトの域を越えた 米国防総省がUFO調査局…

  • 7

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 8

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 9

    朝ドラの深津絵里がスゴい! 18歳のサッチモちゃん…

  • 10

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月