最新記事

フィリピン

比ドゥテルテ大統領、政界引退表明 副大統領出馬撤回、憲法違反指摘受け

2021年10月3日(日)08時23分
大塚智彦

突然の引退表明をしたドゥテルテ大統領 ロイター/Eloisa Lopez

<国民の圧倒的な人気を得ていた男が突然の引退表明──>

2022年5月に行われるフィリピンの大統領選挙に最大与党「PDPラバン」から副大統領候補として出馬していたドゥテルテ大統領は10月2日、政界引退を表明した。これにより副大統領候補としての出馬を事実上撤回して、党内の別の候補が副大統領候補として出馬することになった。

突然の大統領選からの撤退そして政界引退は、現職の大統領が副大統領候補として出馬するという異例の事態に対し各方面から「憲法違反の疑いがある」との指摘を受け、国民の間にも反発が広がったことが背景にあるとみられている。

今後は各種世論調査で次期大統領候補として最も人気があるにも関わらず出馬を見送っているドゥテルテ大統領の長女でミンダナオ島ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長の動向が最大の焦点となりそうだ。

ゴー上院議員が副大統領候補に

ドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏パサイ市の立候補受付会場を訪れた際に「私は政界を引退する」と突然表明し、同じ与党「PDPラバン」のクリストファー・ボン・ゴー上院議員が代わりの副大統領候補として出馬を届け出たたことを明らかにし、自らの副大統領候補としての出馬を撤回した。

ゴー上院議員は、ドゥテルテ大統領を副大統領候補として指名した9月8日の党大会で大統領候補として指名を受けながらも、受諾を頑なに拒否していた。しかしドゥテルテ大統領の副大統領出馬辞退という事態を受けて、「代わりに私が(ドゥテルテ大統領の)意思を継いで副大統領に挑む」として出馬を受け入れた。

このため「PDPラバン」の大統領候補としては9月19日に一部支持派によって指名されたプロボクサーのマニー・パッキャオ上院議員、副大統領候補としてゴー上院議員という顔ぶれとなる。

もっとも与党内にはドゥテルテ大統領支持派とドゥテルテ大統領批判を強めるパッキャオ支持派による内部対立が激化しており、党分裂の危機にあるともいわれている。またパッキャオ氏が別の党の議員を副大統領候補として指名する動きを見せていることから、この2候補がすんなり同党の最終的な正副大統領候補として決まるかどうかは不確定という。

憲法違反という批判の高まり

フィリピン憲法は大統領の任期を「1期6年」と規定しているため現職のドゥテルテ大統領は2022年の大統領選には大統領候補としての出馬はできない。しかし副大統領としての出馬は禁止規定がないため合法的とされる。そうした盲点を狙った形の「奇策」がドゥテルテ大統領の副大統領選出馬だった。

しかし、仮にドゥテルテ大統領が副大統領に当選して就任した場合、大統領に病気、死亡、弾劾など職務履行不能の状況が生じると、副大統領が大統領に昇格する規定となっている。そうなると大統領経験者が再度大統領就任となるため「憲法違反は明らか」との批判が高まっていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

フランスGDP、21年は+7%で52年ぶり大幅成長

ビジネス

イールドカーブのスティープ化、検討は時期尚早=黒田

ビジネス

大和証Gの10-12月純利益は6.9%増 金利上昇

ビジネス

今のところ増税想定していない=鈴木財務相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月