最新記事

北朝鮮

恨みを抱いた復讐者か、金正恩・拷問部隊の「罪なき妻」を襲った悲劇

2021年10月8日(金)17時41分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載
金正恩夫妻

KCNA KCNA -REUTERS

<金正恩体制において拷問や公開処刑などを担当する「保衛部」は絶大な権力を持つと同時に、人々から多くの恨みを買っている>

世界最悪の人権侵害国家と言われる北朝鮮を末端で支えている組織といえば、安全部(警察署)と保衛部(秘密警察)だ。

特に保衛部は、金正恩体制の恐怖政治を支える役割を担い、拷問や公開処刑、政治犯収容所の運営を担当してきた。

そして、その要員たちは絶大な権限を振りかざし、暴言、暴行は当たり前で、何かに付けて庶民からワイロを搾り取ってきた。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

そんな彼らがぬくぬくと暮らしているかと言えば、必ずしもそうではない。恨みを買って殺される安全員や保衛員は一人や二人ではなく、夜道を安心して歩けないほどだ。枕を高くして寝られないのは、罪なきその家族とて同じだ。

川を挟んで中国と向かい合う咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)では、保衛員の妻が無残に殺害される事件が起きた。現地のデイリーNK内部情報筋が、事件の概要を伝えた。

会寧市保衛部に務める保衛員の妻、キムさんは先月28日午前10時ごろ、何者かからの電話を受けた。

「あなたのお母さんに急な出来事が起きた。2万北朝鮮ウォン(約440円)を持って動物園の前まで来てくれ」

大慌てで現金を持って外出したキムさん。ところが、昼食の時間になっても帰ってこないことに心配になった夫が、義母に「そっちに行っているか」と電話で確認したところ、「娘に電話なんかしていないし、こっちに来てもいない」と言われたという。

まるでオレオレ詐欺のような展開に、怪しいと感じた夫はすぐに保衛部と安全部(警察署)に通報した。しかしその直後、ちょうど家を出てから3時間後に、彼女は変わり果てた姿で発見された。遺体はひどく損傷した状態で、麻袋に入れられ、動物園のそばに遺棄されていたという。

コロナによる生活苦でもお構いなし

早速捜査が始まったものの、未だに犯人は捕まっていない。地域住民は衝撃を受けると同時に、怨恨による殺人ではないかとの噂で持ちきりだとのことだ。

「保衛員に恨みを抱いて、その家族を報復の対象にしたのではないか」

「保衛省と保衛部員たちの過剰忠誠がもたらした住民への被害は言葉で言い表せないほど大きく、恨みを募らせた人は多い」

(参考記事:濡れ衣の女性に性暴行も...悪徳警察官「報復殺人」で70人死亡

一般住民を末端レベルで監視し、権力を振りかざしてワイロを搾り取る保衛員は、そもそも嫌われ者だが、コロナ対策としての国境封鎖から1年以上経ち、生活苦に苦しむ人も少なくない中でも、有無を言わさず取り締まりに熱を上げている。

最近は中国キャリアの携帯電話や韓流への取り締まりを強化しており、捕まった人の中には管理所(政治犯収容所)行きとなったり、公開処刑されたりした人もいる。中でも会寧は中国と国境を接している環境から、保衛部の犠牲になった人が少なくない。

また、捕まった本人のみならず、その家族の追放にも保衛員が関わっており、恨みから報復する機会を狙っている者が一人や二人ではないと情報筋は説明した。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米アメックス、第4四半期利益が予想上回る 利用額が

ビジネス

米ベライゾンの第4四半期、契約件数が予想上回る 5

ビジネス

IMF、22年のロシア成長率見通し2.8%に下方修

ビジネス

米CB消費者信頼感、1月は113.8に低下 消費意

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月