最新記事

フィリピン

「ワクチン未接種者は寝ている間に強制接種だ!」 比大統領、ドゥテルテ節放つも虚しく響く

2021年10月13日(水)19時44分
大塚智彦
フィリピンのドゥテルテ大統領

ワクチン接種に行かない奴、こっちから接種しに行くぞ! Erik de Castro - REUTERS

<かつては国際政治を揺るがした東南アジアの雄も、いまやレームダックとなったのか>

フィリピンのドゥテルテ大統領が進まない新型コロナウイルスワクチン接種状況に業を煮やして「接種を受けたくない人にはこちらから就寝中の家に行き、強制的に接種する」と発言した。ドゥテルテ大統領はこれまでもワクチン接種率が上がらないことに苛立ち、未接種者に対して「刑務所行きだ」「国外追放だ」などと物議を醸す発言を繰り返してきた。

そうした「ドゥテルテ節」に国民もメディアも慣れてしまったのか、今回の発言も大きな問題とはなっておらず、大統領府も「単なる冗談だ」とコメントするだけで、2022年5月に大統領としての任期が切れるドゥテルテ大統領の影響力や威光にも陰りが生じているとの見方が有力だ。

「就寝中に家に入って接種する」

フィリピンの地元メディアによると10月11日夜のテレビ中継された閣議の席でドゥテルテ大統領は「多くの国民がワクチン接種を受けたくないことはわかっている。しかしワクチン接種を拒む人々は問題である」と感染拡大が止まらない状況の中で政府が積極的に進めているワクチン接種が成果をあまりあげていないことに不満を表明。

そして「そういう人が寝ている間に家に入って接種を受けさせようではないか。私が率先して実行するぞ」と発言したのだった。

大統領府のハリー・ロケ報道官は12日、ドゥテルテ大統領の閣議での発言に関して「単なる冗談だ」と一言コメントしただけだった。

過去にもワクチン接種率で苛立ち

ドゥテルテ大統領の暴言は2016年の大統領就任以降、たびたびメディアを賑わせてきた。最近はコロナの感染拡大に伴い、進まないワクチン接種に関する不規則発言が相次いでいた。

6月にはワクチン接種を望まない国民にたいしてフィリピンを出ていくように「脅迫」したほか、やはり6月にはテレビ演説で「政府の言うことを聞かない人々に私は怒っている」として「村落の指導者は接種拒否者の名前を記録するべきだ」と述べるとともに「ワクチン接種を拒むものは投獄する」とまで発言したのだった。

いずれのケースも大統領府が「大統領のいつもの冗談である」として国民やメディアに冷静な対応を呼びかける、というパターンが繰り返された。

低い接種率に焦燥感

フィリピンでは主に中国製ワクチンを中心に国民への接種が進められているが、6月時点で少なくとも1回の接種受けた国民は893万人で約6.1%にとどまり、7月には1回目を接種した人は10.22%、2回接種を受けた人は5.56%と低い水準で推移。8月には1日平均で接種回数が50万回と加速して合計接種数は900万回に達した。

しかし国民全体でみると1回の接種者は2913万人、26.7%と低く、東南アジアの中でも低水準にとどまっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ユナイテッド、第4四半期赤字が予想以上に縮小 春

ワールド

米大統領「仕事は終わってない」、就任1年で会見

ワールド

対中関税まだ引き下げず、中国は合意順守を=米大統領

ビジネス

モルガンS、第4四半期利益が予想上回る M&Aブー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月