最新記事

韓国

地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」対策が話題に

2021年10月19日(火)11時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ソウル市の地面に信号

交差点にまさかの発想 @naturalkorean/TikTok

<歩行者のスマートフォンに警告が通知されるシステムも...>

スマートフォン利用者のために設計された信号機を紹介した動画が、ネットユーザーを驚かせている。

韓国のTikTokユーザー@naturalkoreanが公開した動画では、ソウル市内の横断歩道で、従来の信号機に加えて地面に照明が埋め込まれているのが分かる。このLEDライトは、通常の信号と同様に横断するタイミングで緑色に変わる。

韓国は先進国の中でも交通事故による死亡率が高い国だ。

スマートフォン利用者が横断歩道で顔を上げずに交通事故を起こすことを懸念したソウル市は、2019年にこのLEDライトを一部地区に導入。

(英語圏では、スマートフォンを見ながら歩く人を揶揄する「スマホゾンビ」という呼称が定着している)

ワイアード誌によると、スマートフォンによる事故を防ぐための対策はこれだけではないという。

韓国では、接近する歩行者をレーダーや赤外線カメラで検知し、交差点付近のドライバーに点滅光で注意喚起するシステムも導入されている。さらには、歩行者のスマートフォンに警告メッセージが送信されることもある。

@naturalkorean

##seoul ##korea ##southkorea ##bts ##army

Butter - 방탄소년단 (BTS)

ネット上では評価二分

投稿された映像はわずか1週間で約38万の「いいね!」を獲得したが、この革新的な技術に対するネットユーザーの意見は二分されているようだ。

今日にふさわしい素晴らしいアイデアだという称賛の一方で、「これほどまでテクノロジーに依存した世界になってしまったのか」と憂う声もあった。

このシステムに反対したあるユーザーは、次のようなコメントを残した。

「悲しい。なぜ人々は歩きながら四六時中スマホを覗き込んでいないといけないのか」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月