最新記事

中国

「羊毛は羊の体に生える」と「バラマキ」を戒める中国――日本の「成長と分配」は?

2021年10月25日(月)09時12分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)

財務省の矢野事務次官はバラマキ合戦を批判したが(写真は霞が関の財務省) 7maru-iStock.

コロナによる全国一律給付金を中国は「GDPと政府債務との関係」において抑制し、困窮者に対象を絞っている。「成長と分配」に関して、日本のGDP推移と国債との関係はどうなのか、米中および欧州と比較して考察する。

羊毛は羊の体に生える

今年1月30日、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」の編集長である胡錫進氏が、彼個人の微博(weibo)に「羊毛は羊の体にしか生えない」ことを例にとって、コロナ対策としての全国一律の給付金は配布すべきでないという寸評を出している(リンク先が開けない場合はこちらにも転載されている)。

その中で彼は以下のように言っている。

●国家が国民全員に一律にお金を配ったら、基本的には誰にも配らなかったのと同じだ。

●アメリカはコロナで全国民に一律現金を配ったが、あれは選挙のためだ。

●全国民に一律に現金を配ることができるほど中国の財政は潤沢ではない。1人あたり1,000元配ったら国家は一度に1.4兆元を支出しなければならず、国家財政が持たない。赤字が増え、国民が自分自身からお金を借りて自分自身にお金を配っているという状態になる。すなわち「羊毛は羊の体にしか生えない」のだ。

●コロナの流行期にお金を分配するのには二つの目的がある。一つは貧困者を助けることで、もう一つは消費を刺激することだ。前者に関しては、中国には非常に強力な社会組織ネットワークがあるので、それを最大限に活用して、限られた資金を貧困者にのみに分配することが瞬時にできる。全国一律に分配金を与えることは、政治の怠慢であるとさえ言える。(個人情報の)ネットワークを完成していないからだ。

●もし路上生活者にもビル・ゲイツにも同じ金額を配ったら平等か?不平等であることは自明だろう。

●消費を刺激するためにも「現金を分配する」ということは役に立たない。使わないで貯金する人もいるからだ。したがって第二の目的の「消費を刺激するため」には、中国では「お買物券」などをコロナで困っている人や貧しい国民に配った(筆者注:家賃補助などもした)。

以上が概ねの内容である。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

IMF、米中・世界の経済成長予測を下方修正 コロナ

ビジネス

再送-米J&J、22年コロナワクチン売上高35億ド

ビジネス

IMF、英22年成長率予測を4.7%に下方修正 2

ビジネス

IMF、22年の中南米成長率見通しを2.4%に下方

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月