最新記事

人権問題

ミャンマー、禁固11年判決出たばかりの米国人記者釈放 米特使らの訪問が影響か

2021年11月16日(火)11時56分
大塚智彦
釈放されたダニー・フェンサー

釈放されたダニー・フェンサーはカタール到着後、インタビューに答えた。Click On Detroit | Local 4 | WDIV - YouTube

<実刑判決が出たばかりのジャーナリストを突然開放。その背景にあるのは──>

ミャンマー軍政によって逮捕され、11月12日に公判で扇動罪や入国管理法違反などの容疑で禁固11年の実刑判決を受けた米国人記者ダニー・フェンサー氏が15日に突然釈放され、すでにミャンマーを出国し米国に向かう経由地の中東カタールに到着したことが明らかになった。

これはフェンスター記者が編集幹部を務めていた独立系メディア「フロンティア・ミャンマー」が明らかにしたもので、11月2日にミャンマーを訪問して軍政トップのミン・アウン・フライン国軍司令官と面会して釈放を求めたビル・リチャードソン米元国連大使が同行して出国したという。リチャードソン元大使はミン・アウン・フライン国軍司令官との面会でフェンスター記者の釈放を強く求めており、結果的にはこの面会が今回の釈放の大きなきっかけになったといえるだろう。

ミャンマー軍政は今回の突然の措置に関してメディアに対して「米国との緊密な関係を考慮して決めた人道的措置である」として釈放の理由に米国との外交関係、人道的立場の尊重があることを強調したという。

扇動罪など複数の容疑で訴追

フェンスター記者はミャンマーで「フロンティア・ミャンマー」の編集幹部を務めるとともに記者として取材活動を続けていたが、2月1日の軍によるクーデター発生後は反軍政、民主政権回復の立場からの取材、報道を続けていた。

そして5月24日、家族に会う目的で米国へ向かうためヤンゴン国際空港でマレーシア・クアラルンプール行きの航空機に搭乗しようとしたところ治安当局によって身柄を拘束され、ヤンゴン市内の政治犯収容所でもあるインセイン刑務所に収監されていた。

フェンスター記者は「不正確な情報に基づく報道」などが国家の安全と治安を脅かすとして「扇動罪」に問われ、その他の入管法違反などと合わせて公判が開かれ11月12日に禁固11年の実刑判決を受けたばかりだった。

リチャードソン元大使のミャンマー訪問と前後して日本からのミャンマーと関係の深い団体幹部らもミャンマー入りしてミン・アウン・フライン国軍司令官と面会しており、一部報道ではこの面会の席で日本側がフェンスター記者ら身柄を拘束されている外国人の早期釈放を求めたことも今回の釈放につながったとの見方もでている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、1月は113.8に低下 消費意

ワールド

米、欧州へのエネルギー供給巡り主要生産国・企業と協

ビジネス

米GE、第4四半期は供給網の混乱で減収 株価8%安

ビジネス

IMF、22年の中南米成長率見通しを2.4%に下方

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月