最新記事

フィリピン

マルコス=ドゥテルテの2世コンビで政権目指す サラ・ドゥテルテ、強力タッグで副大統領に出馬表明

2021年11月15日(月)18時40分
大塚智彦
フィリピンのサラ・ドゥテルテ

大統領選出馬も噂されていたドゥテルテの長女サラは、マルコス・ジュニアとのタッグを選んだ Lean Daval Jr - REUTERS

<フィリピンのカリスマ政治家の2世が、次代のリーダーとなるべく名乗りを上げた>

2022年5月に行われるフィリピンの大統領選に現在のドゥテルテ大統領の長女でミンダナオ島ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長(43)が副大統領候補として出馬することになった。

これは現地メディアが11月13日に明らかにしたもので、連立党とラカス(CMD)党の連立候補としての立候補を正式に届け出た。

ペアを組むことになる大統領候補はすでに出馬が決まっているフェルディナンド・マルコス・ジュニア(愛称ボンボン)氏(64)となる。

これまでの各種世論調査で望ましい大統領候補として常にダントツのトップを占めていたサラ市長と2位の人気だったボンボン氏がタッグを組んで正副大統領候補となったことで、ある意味「最強のコンビ結成」となり、今後の大統領選の行方に大きな影響を与えるのは確実な情勢となってきた。

サラ市長はこれまで「大統領選には出馬しない」との姿勢を貫き、その理由として「父(ドゥテルテ大統領)が退かない限り」と当初副大統領としての出馬を模索していたドゥテルテ大統領への配慮を滲ませていた。

出馬への条件が次第に整う

ところがドゥテルテ大統領が副大統領立候補を断念したことでサラ市長の大統領選への出馬の「条件」は整ったとみられ、立候補を求める声が高まっていた。

しかしその後もサラ市長はダバオ市長選への立候補を届け出るなど相変わらず大統領選への動きを具体化させることはなかった。

この間、ドゥテルテ大統領が実質率いる最大与党PDPラバンなどからは「立候補の最終的な届け出の11月15日までになんとか出馬を」と説得工作が続いていた。

そんななか、サラ市長は11月9日に市長選への立候補を突如取り下げ、11日に地方政党の改革党を離党して右派政党ラカスに入党。同党の副大統領候補と入れ替わる形での出馬となった。またダバオ市長選にはサラ市長の弟であるセバンチャン・ドゥテルテ副市長が代わって立候補することになった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、1月は113.8に低下 消費意

ワールド

米、欧州へのエネルギー供給巡り主要生産国・企業と協

ビジネス

米GE、第4四半期は供給網の混乱で減収 株価8%安

ビジネス

IMF、22年の中南米成長率見通しを2.4%に下方

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月