最新記事

人権問題

ミャンマー、米国人記者に禁固11年の実刑 バイデンの対軍政強硬姿勢が影響?

2021年11月13日(土)21時33分
大塚智彦
独立系メディア「フロンティア・ミャンマー」の編集幹部ダニー・フェンサー

ミャンマーの裁判所で禁固11年の判決を受けた独立系メディア「フロンティア・ミャンマー」の編集幹部ダニー・フェンサー REUTERS 

<母国の対ミャンマー政策がジャーナリストの運命を左右することに──>

ミャンマーの裁判所は10月12日、軍政に逮捕されて複数の容疑で公判中だった米国人記者ダニー・フェンサー氏に対して禁固11年の実刑判決を下した。ダニー氏が編集幹部を務める「フロンティア・ミャンマー」がAPやAFPなど外国メディアに対して13日に明らかにした。

「フロンティア・ミャンマー」によると12日は「嘘の情報を流して社会不安を煽った」とする「扇動罪」のほか入国管理法違反、非合法団体活動などの容疑に対する判決で、ダニー氏はこのほかに最高刑が終身刑でもある「テロ関連法違反」容疑でも訴追を受けており、今後さらに禁固刑が加算される可能性もあるという。

この日の判決を受けてミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官はジュネーブで声明を発表し「ミャンマーで拘束中のすべての報道関係者の即時釈放」を要求した。

出国間際に空港で拘束

米ミシガン州デトロイト出身のダニー記者は、ミャンマーで独立系メディア「フロンティア・ミャンマー」の編集幹部を務めながら記者として情報発信を続け、2月1日の軍によるクーデター発生後は軍政に批判的な立場からの報道を続けてきた。

2月1日以降ミャンマー人記者や日本人のフリージャーナリストなどが次々と当局に身柄を拘束されるなか、ダニー記者も5月24日マレーシアのクアラルンプール経由で米国に向かうためヤンゴンの国際空港へ向かった。ところが出国しようとした直前に空港で治安当局によって身柄を拘束された。その後、政治犯収容所として悪名高いヤンゴンのインセイン刑務所に収監されていた。

ダニー記者の拘束について米国務省は何度も「即時釈放」を軍政に要求し続けてきたが、軍政はまったくこれに応じなかった。

軍政のゾー・ミン・トゥン国軍報道官は9月30日に「ジャーナリストとしての仕事だけをしていれば逮捕の理由はなかったが、それ以外の活動をしたからだ」と「ボイス・オブ・アメリカ」にダニー記者逮捕の理由を語った。この「それ以外の活動」が具体的に何を示すのかは一切明らかになっていないが、反軍政の立場からの報道が「嘘の情報を流して社会不安を扇動した」と解釈されているのは間違いないとみられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

大和証Gの10-12月純利益は6.9%増 金利上昇

ビジネス

イールドカーブのスティープ化、検討は時期尚早=黒田

ビジネス

今のところ増税想定していない=鈴木財務相

ビジネス

仏21年GDP、前年比7%増 52年ぶり大幅な伸び

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月