最新記事

宗教

イスラム教指導者、裏の顔はテロ組織メンバー インドネシア、宗教関係者らに大きな衝撃

2021年11月19日(金)19時55分
大塚智彦
アフマド・ザイン容疑者

聖職者とテロリスト、2つの顔をもつ男アフマド・ザイン容疑者 KOMPAS TV /YouTube

<ムスリムに大きな影響力をもつ指導者は、バリ島爆破事件を実行したテロ組織の非公式幹部だった──>

インドネシアのイスラム教指導者組織のメンバーが国家警察にテロ関連容疑で逮捕されるという衝撃的な事件が起きた。

国家警察の対テロ特殊部隊デンスス88は11月16日、イスラム指導者組織であるインドネシア・ウラマー評議会(MUI)の上級学者アフマド・ザイン・アン・ナジャ容疑者をテロ関連法違反容疑で逮捕したことを明らかにした。

国家警察によると16日、首都ジャカルタの東にある西ジャワ州ブカシの自宅で他の2人の容疑者とともに逮捕されたアフマド・ザイン容疑者は、国際テロ組織アルカイダと関連があるとされるインドネシアのテロ組織ジェマ・イスラミア(JI)の資金調達に関連していた容疑がもたれている。

具体的には「JI」に活動資金を提供するためにアフマド・ザイン容疑者らが慈善団体を設立して資金を集めていたというもので、集まった資金は「JI」が新たなメンバーを獲得する際に使われたとされている。

この慈善団体は社会支援や教育援助という表向きの看板を掲げて、各地に「募金箱」を設置。市民の善意、浄財を資金として集め、それをテロ組織に提供していたという。

国家警察ではアフマド・ザイン容疑者はMUIの幹部でありながら同時に「JI」の非公式幹部会のメンバーとしての顔ももっていた可能性があるとみて追及している。

「JI」は1993年にマレーシアで設立され、精神的指導者とされるイスラム教指導者のアブ・バカル・バシル師の下で勢力を拡大。2003年にインドネシア政府から非合法テロ組織の指定を受け、治安当局による摘発が続いている。

2002年10月にバリ島の繁華街で外国人観光客を含む202人が犠牲となった爆弾テロ事件をはじめ、2003年8月にジャカルタ市内の米国系高級ホテルでの爆弾テロ(12人死亡)、2004年のオーストラリア大使館前での爆弾テロ(9人死亡)などが「JI」の犯行とされ、インドネシアではもっとも過激で危険なテロ組織と認識されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=続落、ナスダック調整局面入り

ビジネス

NY外為市場=国債利回り低下でドル軟調、利上げ観測

ワールド

米政権、半導体業界に対ロシア輸出規制の可能性警告 

ワールド

米政府、「N95」マスク4億枚を無償配布 コロナ対

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場所」で見つかった

  • 3

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 6

    もはやオカルトの域を越えた 米国防総省がUFO調査局…

  • 7

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 8

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 9

    朝ドラの深津絵里がスゴい! 18歳のサッチモちゃん…

  • 10

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月