最新記事

生命倫理

ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

Exclusive: Pig Heart Surgeon Responds to Patient's Prison Sentence

2022年1月17日(月)13時49分
ジェニー・フィンク
ブタの心臓を移植したグリフィス医師(左)と患者

ベネット(右)の手術成功に被害者の遺族は複雑な心境を吐露 University of Maryland School of Medicine (UMSOM)/REUTER

<手術を担当したグリフィス医師は本誌の取材に対し、患者を選ぶ際に前科を調べるのは「倫理に反する」と言うが、今は亡き被害者と遺族の思いはどうか。医学の進歩がまた難問を突きつける>

世界で初めてブタの心臓移植を受けた患者に、犯罪歴があったことが明らかになった問題で、手術を担当したバートリー・グリフィス医師は、犯罪歴を理由に移植の順番が後回しにされるべきではないとの考えを表明した。

心臓移植を受けたデービッド・ベネットは、1988年に男性を刃物で7回刺した罪で有罪評決を受けており、被害者の家族は、もっと「助かるべき患者」に心臓が提供されて欲しかったと述べた。だがグリフィスによれば、誰がどのような治療を受けるかを決める上で、犯罪歴が影響を及ぼすことはなく、ベネットが移植の候補に挙がった時にも、彼が収監されていた過去が議論されることはなかったという。

グリフィスは本誌に宛てた文章の中で、「彼の逮捕歴については何も知らなかったから、本人にもそれについて尋ねていない」と述べ、さらにこう続けた。「我々は患者の前科を調べることはない。それは倫理に反することだと思う」

彼はまた、移植に携わった人のうち、「もう何年も前に起きたこの問題について知っていた人」は一人もいなかったと確信しているとも語った。

「死にたくない」と手術を決断

グリフィスが初めてベネットに会ったのは、2001年。ベネットが人工心肺装置につながれて集中治療室(ICU)に入った時だった。人工心肺装置がなければ、57歳のベネットは翌朝までもたなかった可能性が高いと、グリフィスは本誌に宛てた文章の中で述べた。

ベネットにとって最善の治療法は心臓移植だったが、診療予約をすっぽかすなどの不服従行為が過去があったため、移植適応の条件を満たしていなかった。だがグリフィスは、心臓移植以外にベネットが助かる道はないと判断し、遺伝子を改変したブタの心臓を使う可能性を探り始めた。

グリフィスは2021年12月中旬に、ブタの心臓を移植に使うことをベネットに提案。ベネットは人間の心臓の方がいいと述べたものの、最終的にブタの心臓を使う計画を進めることを決断した。

グリフィスは本誌宛ての文章の中で、次のように述べた。「助かる見込みがどれぐらいあるのかと聞かれ、私は(移植で延命できる時間は)1日かもしれないし、1週間、1カ月、あるいは1年かもしれないと答えた。私たちにも何も分からず、どのようなリスクがあるのかも説明できなかった。だが彼は『死にたくないから、やってみよう。もし私が死んでも、誰かが何らかの教訓を得られるだろう』と言った」

手術は1月7日に行われ、既に1週間が経過。グリフィスは、ベネットの体がブタの心臓に拒絶反応を示すことはないだろうとみており、ベネットが今週中にも車椅子で動けるようになることを期待している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ムーディーズ、ウクライナ格付けを「Caa3」に引き

ワールド

米、国連人権弁務官の新疆視察を懸念 「正確な検証か

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ワールド

フィンランド・スウェーデンのNATO加盟は有益=英

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月