最新記事

スポーツ

2月北京五輪、11月カタールW杯は? ジョコビッチ・ワクチン騒動の影響続く

2022年1月24日(月)12時15分
ハレダ・ラーマン
ノバク・ジョコビッチ

全豪オープンの会場には前回王者ジョコビッチの大きな写真が…… LOREN ELLIOTTーREUTERS

<結局、未接種だったジョコビッチは全豪オープンに出場できず、世界中の話題をさらったビザ問題は終結したが、今後のスポーツ大会に影響を与えると専門家は警告>

ノバク・ジョコビッチは、新型コロナワクチンの未接種を理由にオーストラリアから強制送還され、全豪オープンでグランドスラム(4大大会)通算21度目の優勝を果たすという夢を断たれた。

これで世界中の話題をさらった査証(ビザ)問題に終止符が打たれたが、この一件は今後のスポーツ大会に影響を与える可能性があると、専門家は本誌に語る。

全豪オープンが1月17日にメルボルンで開幕する直前、男子テニス世界ランク1位のジョコビッチはオーストラリアを後にした。

12月のコロナ感染がワクチン接種免除の根拠になるとして、ジョコビッチは大会出場と滞在許可を求めてオーストラリアの裁判所に訴えていた。

だが、裁判所はホーク移民相のビザ取り消し決定を支持した。

同相はオミクロン株によるコロナウイルス感染が急増している今、ジョコビッチの大会参加は公共の秩序を脅かし、反ワクチン感情を助長しかねないと主張していた。

ワクチン接種がスポーツ大会の参加条件としてもっと一般的になれば、今後も同様の争いが起こる可能性が高いと、オレゴン大学のジョシュア・ゴードン上級講師(スポーツビジネス)は言う。

「接種義務に従うか否か、その判断が有名選手の大会参加に影響を与えるかもしれない」

ジョコビッチが5月の全仏オープンに出場できるかどうかも、疑問視する声が出ている。

フランスのスポーツ相は1月初め、大会は選手や関係者を隔離する「バブル方式」で開かれるので、出場は許可されるだろうと述べた。

だが元内相のクリストフ・カスタネール議員は、スポーツ会場やレストランなど公共の場へのワクチン未接種者の立ち入りを禁止する新しい法律は、全仏オープンの出場希望選手にも適用されると発言。スター選手への「優遇措置」はないと、ジョコビッチを名指ししたツイートで述べた。

スポーツ大会の主催者はワクチン接種義務化について、感染拡大による試合の中止または延期がもたらす経済的影響を気にしていると、ラフバラ大学ロンドン・スポーツビジネス研究所のジェームズ・スキナー所長は語る。

「多くのスポーツ団体は商業的見地から、このアプローチを考えていると思う」

ただし、注目選手の不在も大会の収益に影響を与える可能性がある。「もしビッグネームが欠場すれば、入場料収入、放映権、スポンサー契約など収益がらみの問題が発生する」と、スキナーは言う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、ウクライナに次世代レーザー兵器投入=ボリソ

ワールド

サリバン大統領補佐官、楊潔チ氏と電話会談 安全保障

ワールド

ロ・ウクライナ、和平交渉の停滞巡り批判合戦

ワールド

ロシア、ウクライナ投降兵らの動画公開 「食事や治療

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月