注目のキーワード

犯罪

ニューズウィーク日本版『犯罪』に関する記事一覧

防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男
アメリカ社会

防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

<深夜のアパートで起きた「危機一髪」の恐怖映像が話題に> 9月23日午前2時頃、ブロンクス区のアパ...

2021.10.13
逃亡中のゴーンが本誌独占取材に実名で語った陰謀の「黒幕」
日本企業

逃亡中のゴーンが本誌独占取材に実名で語った陰謀の「黒幕」

<自らの失脚は、一部の日産幹部が画策して日本の検察と共謀した「でっち上げ」だと主張> 自分を裏切っ...

2021.10.02
「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷
マスク

「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

<英カーディフの街角に貼られた「マスクには効果がない」と書かれたビラは、直接的にも間接的にも人を傷付...

2021.08.03
高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手口と防御策
北朝鮮

高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手口と防御策

<脆弱なセキュリティーの穴を突くオンライン犯罪の終わらない危険と必要な対策> 旅行者にとって、無料...

2021.08.03
人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触るのは犯罪
野生動物

人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触るのは犯罪

<どんなにかわいくても野生動物に手を触れるのは犯罪行為。有罪になれば懲役5年も> ドイツの海水浴客...

2021.07.19
ヤクザの腕を切り落とした半グレ「怒羅権」創設期メンバーが本を書いた理由
BOOKS

ヤクザの腕を切り落とした半グレ「怒羅権」創設期メンバーが本を書いた理由

<中国残留孤児2世、3世が結成し、凶行で悪名を轟かせた怒羅権だが、元は生き残るため、助け合いのための...

2021.06.28
中国が1000人逮捕、仮想通貨マネロンの「協力者が後を絶たない」仕組み
仮想通貨

中国が1000人逮捕、仮想通貨マネロンの「協力者が後を絶たない」仕組み

<これまでに31万人が逮捕された。中国で暗号資産を使用したマネーロンダリング(資金洗浄)の取り締まり...

2021.06.14
自分の家に押し入った泥棒と親友になった女性 「人は変われる」
犯罪

自分の家に押し入った泥棒と親友になった女性 「人は変われる」

<更生プログラムを通じて出会った窃盗犯のニール。「再チャレンジ」の大切さをこの友情に学んだ> 20...

2021.05.27
バラバラ殺人に臓器売却、ナイジェリアで連続猟奇殺人
ナイジェリア

バラバラ殺人に臓器売却、ナイジェリアで連続猟奇殺人

<ナイジェリアで遺体を切断する殺人が続き、警察は警戒を強めている> ナイジェリアで、34歳の男が友...

2021.05.27
サービス業化するハッカー集団──ダークサイドの取り分は身代金次第
サイバー攻撃

サービス業化するハッカー集団──ダークサイドの取り分は身代金次第

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)によって米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインがサイバー...

2021.05.24

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice