注目のキーワード

脳科学

ニューズウィーク日本版『脳科学』に関する記事一覧

貧しいと認知症になりやすい 研究結果
認知症

貧しいと認知症になりやすい 研究結果

<裕福な地区に暮らす人々は、貧しい地区に暮らす人々と比べて記憶力が良く、認知症リスクも低いという研究...

2022.03.30
うつ病に治療のための、新たな脳深部刺激療法が開発される

うつ病に治療のための、新たな脳深部刺激療法が開発される

<うつ病の症状に関連する脳部位に神経刺激装置を埋め込んで電気刺激を与えるという「治療抵抗性うつ病」の...

2021.10.08
脳とマシンをつなぐ埋め込み型デバイスで、サルが思考だけでゲームすることに成功した
脳科学

脳とマシンをつなぐ埋め込み型デバイスで、サルが思考だけでゲームすることに成功した

<イーロン・マスクが設立したニューラリンク社は、ヒトの脳とコンピュータをつなぐ「ブレイン・マシン・イ...

2021.04.15
若者も子どもも、タイピングより手書きのほうが、脳活動が活発に
人体

若者も子どもも、タイピングより手書きのほうが、脳活動が活発に

<ノルウェー科学技術大学(NTNU)の研究で、手書きによって、子どもの学習がすすみ、よりよく記憶でき...

2020.10.05
イーロン・マスクが進める「脳とコンピュータをつなぐ技術」、ここまで来た
脳科学

イーロン・マスクが進める「脳とコンピュータをつなぐ技術」、ここまで来た

<イーロン・マスクは、ヒトの脳とコンピュータをつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェイス」の開発に取...

2020.09.02
時間を守れないのは性格のせいではなく、脳を仕向ける「技術」を知らないだけ
脳科学

時間を守れないのは性格のせいではなく、脳を仕向ける「技術」を知らないだけ

<例えば、1つの作業を終えたら、次にやることに少しだけ手を付けておく。「○○しなきゃいけない」ではな...

2020.05.01
        
【ホメない書評】ベストセラー本『1分で話せ』は、「根拠」がないのになぜ売れた?
本好きに捧げる ホメない書評 石戸 諭

【ホメない書評】ベストセラー本『1分で話せ』は、「根拠」がないのになぜ売れた?

<30万部超えの『1分で話せ』は、「伝える技術」の鍵として「根拠」を提示することの重要性を説く。だが...

2019.12.19
半分切除された脳は、結合を強めて失った機能を補う
脳科学

半分切除された脳は、結合を強めて失った機能を補う

<子どもの頃に手術で脳の半分を切除した6人が、回復して普通に話したり歩いたりできる理由は> 子ども...

2019.11.22
地球温暖化は人間の脳も殺す ──DHA不足で
地球温暖化

地球温暖化は人間の脳も殺す ──DHA不足で

<魚の減少によるDHAの減少で、世界人口の大多数が必要量を摂取できなくなる日がくる。最初に影響を受け...

2019.10.24
ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?
ニューロフィードバック革命:脳を変える

ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

<アメリカだけで1600万人の患者がいるADHD。臨床効果の確認や安全性の確立などの問題は残るが、経...

2019.03.25

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice