コラム

意外な共通点「非モテ」で結び付く日韓男子のこれから

2020年12月23日(水)18時30分
李 娜兀(リ・ナオル)

日韓とも寂しい男子が増えている TORU HANAI-REUTERS

<若者の結婚や恋愛事情に共通点の多い両国。日本特有の現象とされていた「草食男子」の比率は今や韓国の方が多く、「非モテ」のコミュニティまである>

12月に入り、わが家のリビングの飾り付けもハロウィーンからクリスマス仕様に変わった。小学生の次女はクリスマスツリーに大喜びだが、高校生の長女はそれほど関心がなさそうだ。家族で過ごすことが一般的なアメリカなどと比べ、日本や韓国ではなぜか共通して、クリスマスは恋人と2人で迎える日というイメージが強い。長女の関心も次第にそちらに向かいつつあるのだろう。

日本と韓国は違う点も多いが、社会現象や恋愛模様などで共通するところも少なくない。日本で話題になった社会現象が少し遅れて韓国でも起きる、あるいは日本でつくられた流行語で、韓国で起きた新しい現象を説明する、ということはよくある。

例えば異性などとの関係に消極的な「草食男子」という言葉が日本で流行したのは十数年前だ。当時の韓国の新聞は「日本特有の現象」という文脈で伝えていたように記憶している。

一方、昨年1月の韓国日報の見出しは「韓国は日本よりも草食男子が多くなった」だった。記事は30~34歳の韓国男性の未婚率が1995年の19.4%から2015年には55.8%に増え、同時期に37.5%から47.3%に増加した日本の同年齢男性の数値を上回ったと伝えている。

記事によれば「経済的な安定性も異性との交際(の有無)に大きな影響を与えている」そうだが、若い世代の賃金が上がっていないことと未婚率との関係は日本でもよく話題になっている。個人主義が広がり、男女共に「結婚しなければならない」という家族、親族などからの圧力が弱まったことなども含め、日本も韓国も、若者の結婚や恋愛事情については、いろいろな面で似た状況にあると言える。

そんなことを考えていた時に、日本のニュースで今秋、出版された『モテないけど生きてます 苦悩する男たちの当事者研究』(青弓社)という本のことを知って、「あっ」と思った。この本は「ぼくらの非モテ研究会」という男性の生きづらさを語り合う場としての当事者研究グループが出したものだが、実は韓国にも「人気のない男たちの集まり(韓国語の略で「インナムモ」)」というグループがあり、時折ニュースになっていたからだ。

本を購入して読んでみると、ぼくらの非モテ研究会は、「研究会」との名前のとおり、参加者たちが深く自分たちの内面を探求する集まりのようだ。社会からの疎外感を抱えた男性が、「女神」と思える女性に出会い、一方的な恋愛感情からストーカーなどの加害に至るケースについても踏み込んでいた。一般論として語ることは簡単でも、自分たちのこととして向き合うのは勇気のいることだと思う。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

東芝が10月に新中計、事業再編視野 非上場提案も検

ワールド

新型コロナ起源、研究所からの漏えい排除できず=著名

ワールド

台湾、新たに29人の新型コロナ市中感染者確認 過去

ビジネス

最低賃金、早期に全国平均1000円目指す=諮問会議

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中