コラム

「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」はご都合主義だ

2021年04月09日(金)13時20分
周 来友(しゅう・らいゆう)
大坂なおみ

大坂なおみ選手に対する日本社会の反応には驚いた DANIELLE PARHIZKARAN-USA TODAY SPORTS-REUTERS

<根拠もなく「ハーフの女性は美人」「ハーフはバイリンガル」......。さらには、日本人扱いする場合と、日本人ではないかのように距離を置く場合がある>

私は自分のYouTube番組にさまざまなゲストを呼んで話を聞いている。元受刑者にAV女優、在日ブラジル人漫画家、台湾人の元スパイ......。最近出演してもらったのは、ドイツと日本の「ハーフ」であるサンドラ・ヘフェリンさんだ。

サンドラさんとはもう20年以上の付き合いになる。外国人が出演するバラエティー系の討論番組で共演したのがきっかけで親しくなった。

彼女はいま日本で作家として活躍しており、最新作のタイトルは『なぜ外国人女性は前髪を作らないのか』。YouTubeで対談した際には、テレビ業界で言うところの「番宣」として、この著書について紹介した(サンドラさん、ニューズウィークでも紹介しましたよ!)。

文化比較のエキスパートである彼女との対談のテーマは「ハーフ」だ。日本でも今や国際結婚は珍しいものではなくなった。私自身、妻は日本人で、4人いる子供はいわゆる「ハーフ」である。

私の住む新宿区は特に外国籍住民が多く、人口の約11%が外国人だ(2021年3月現在)。子供の同級生にも、親のどちらかが外国人という子が少なくない。

とはいえ、日本社会で外国人や「ハーフ」についての理解が以前より深まったかと言えば、残念ながらそうとは言えない。

例えば、根拠もなく「ハーフの女性は美人」と思っている人は意外と多いのではないだろうか。サンドラさんも以前、合コンに参加したとき、ドイツと日本の「ハーフ」の子が来ると聞かされていた男性陣にがっかりされた経験があるという。

「え、ハーフっていうより完全に外人だよね」と言われたらしい。外国人より「ハーフ」は上なのだ、たぶん......。

語学に対する思い込みもある。バイリンガルで当たり前と思われがちだが、1カ国語しか話せない「ハーフ」は少なくないし、実際、英語を話せないことをネタにしている見た目は黒人の「ハーフ芸人」もいるぐらいだ。

サンドラさんによれば、母国語が2つあるというのも理解されにくいらしく、日本語とドイツ語の両方が母国語だと伝えても、どちらのほうがよりうまいのかとしつこく聞かれるのだという。

「よい誤解」なのだからそう目くじらを立てなくても......と考える人もいるかもしれない。しかし、実際には「ハーフ」だからといって優越感に浸れるわけでもなく、それどころか逆にいじめの対象になってしまう場合もある。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

アマゾン、英国で今年1万人雇用へ

ビジネス

三井住友FG、今期純利益予想6000億円 社長「コ

ワールド

中国探査機、15─19日に火星に着陸=国家航天局

ワールド

ドイツのコロナ感染者、10万人当たり100人下回る

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中