コラム

運動だけでなく社交の場でもあった「心の拠り所」ジムを奪わないで

2021年05月18日(火)20時25分
李 娜兀(リ・ナオル)
スポーツジム(イメージ)

RECEP-BG/ISTOCK

<人付き合いが少ない外国人にとっては特に、スポーツジムは重要なコミュニティー形成の場となっていた>

新型コロナウイルスの影響で失われたものは多い。そして失われてから、それが自分にとってどれだけ大きな存在だったか痛切に感じさせられることが少なくない。

私にとって、そうしたことの1つが自宅近くのジムの閉鎖だ。17年前に通い始め、空気のように当たり前の日常だったジムが、コロナの影響で閉じることになった。受けた衝撃は大きかった。私にとってジムは単に運動する場というだけではなかったからだ。

世界中どこに行っても同じかもしれないが、外国人がその国で気の置けない友人をつくり、その社会にどっぷりと溶け込むのは簡単ではない。アメリカだとキリスト教会が外国人も入りやすいコミュニティーを提供してくれる。

1980年代に父の留学について行って住んだ米中西部では、何か困り事があるたびに教会のメンバーが親身になって助けてくれたことを覚えている。父と母にとって楽しかったアメリカの思い出は、ほとんどその教会との関わりから生まれたものだった。

キリスト教会が少ない日本で、外国人も比較的に入りやすいコミュニティーといえば趣味の世界だろう。アニメやゲーム、コスプレなど、日本発のポップカルチャーの世界を通じて、日本人の友人のネットワークを広げる外国人は少なくないとも聞く。

仕事関係以外の友人をつくれる場

そういったポップカルチャーについていけない私にとって、大学や仕事関係以外で日本人の友人をつくれる場がジムだった。長く通い続けるうちに、同じ時間帯に運動をして、サウナを利用する仲間ができる。そうなれば身の回りの打ち明け話もするようになる。ジムの閉鎖は、私にとって仲間とのつながりが失われることを意味する。

そう思っていたのは私だけではないようだった。このジムの会員には私以外にも韓国人や中国人がいる。4月中旬、ジムで久しぶりに会った中国人の知人は「本当に困るよね。これからどこに行けばいいの、行くところがないよ」とため息をついた。

こうして日本各地で失われたコミュニティーの数は相当数に上るのではないか。ジムだけでも、全国展開する大手が次々に閉鎖店舗を発表した。常連客同士が仲良くなるような飲食店で、閉店を決めたところも少なくないだろう。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

米、官民合同で国内重要インフラのサイバーセキュリテ

ワールド

インド主要8州、人口70%超にコロナ抗体=調査

ビジネス

米ボーイング、第2四半期は黒字に 737MAX納入

ビジネス

スポティファイ、第2四半期売上高が予想上回る 有料

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中