コラム

日本の感染拡大の一因は「飲み会文化」

2021年05月19日(水)11時45分
周 来友(しゅう・らいゆう)
日本人、飲み会

写真はイメージです AzmanL-iStock.

<日本政府の無能無策ぶりが、もちろん最大の原因だろう。ただ、酔えば誰しも判断力が低下し、3密回避やマスク着用もどこかに行ってしまう。なぜ日本人はお酒を「自粛」できないのか>

東京・新橋駅前にあるSL広場は、テレビ番組のインタビューで定番の場所だ。

飲み会帰りのサラリーマンをつかまえて話を聞けば、カメラに向かって面白いコメントを言ってくれる。大体みんな酔っぱらっているので、口をついて出てくるのはおおよそ本音だ。

酔っぱらいの街・新橋。近くに住む友人が、「禁酒令」発令後も多くの人が缶ビール片手に路上で飲んでいると、目撃情報を送ってくれた。

自粛が得意な日本人も、お酒に関する自粛は難しいのかもしれない。

今年1月、私はこんな書き出しのコラムを書いた。

「2度目の緊急事態宣言が出された。だが、これで感染拡大を封じ込められるのだろうか。政治家も国民も真剣さが足りないように思う」
「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己中だらけでコロナに勝てるの?

まさか4カ月近く後に「3度目の緊急事態宣言が......」と書くことになろうとは思いもしなかった。

今、状況はむしろ悪化の一途をたどっている。変異ウイルスが猛威を振るい、感染者も死者も増える一方で、近場の観光地は人出が減らず、街では人々が路上で飲んでいる。

日本政府の対応は中途半端かつ後手後手になっており、ワクチン接種率も諸外国に大きく後れを取ったままだ。

こんなことなら、もっと早い段階からロックダウン(都市封鎖)や中国式の厳しい制限を実施すべきではなかったか。民主国家の日本は国民に強制することができないのだとは分かっていたが、たとえ「人権軽視」と批判されても強制的な対策を取るべきではなかったか。

感染拡大の最大の原因は、そんな政府の無能無策ぶりだろう。

ただ、今回の緊急事態宣言で出された「禁酒令」に対する世間の反応を見て、私はこう思った。もしかすると日本人の「飲み会好き」も感染対策の足を引っ張っているのかもしれない、と。

中国人ももちろん酒が好きだが、仕事帰りに同僚と一杯引っかけるような習慣はあまりない。宴会や接待は盛んだが、客をもてなすため、あるいは相手を酔わせて判断を鈍らせるための酒席が多い。

後は週末に仲の良い友人を自宅に招いて飲むくらいだ。

だから日本人が、なぜこれほど「飲み会好き」なのか、ずっと不思議に思っていた。

夜、同僚や友人と行くのは決まって、大勢で食べて飲める居酒屋。そして皆、必ずと言っていいほど酔っぱらう。

日本で星の数ほど酔っぱらいを見てきたが、紹興酒発祥の地、浙江省紹興市で生まれ育ち、酒に強い私はいつも「なぜ弱いのに酔いつぶれるまで飲むのか」と疑問に思っていた。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

日産、今期3年ぶり最終黒字へ 世界販売計画は維持 

ワールド

中国、公立学校教師による家庭教師の副業禁止

ビジネス

シンガポールのGIC、英モリソンズ買収でSBG系連

ビジネス

サンタンデール銀、第2四半期は予想上回る増益 貸倒

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中