コラム

「いらない」と「楽しい」が同居する五輪は、「国威発揚」より意義深い

2021年07月29日(木)18時30分
李 娜兀(リ・ナオル)
東京五輪に反対するデモ隊

ANDRONIKI CHRISTODOULOUーREUTERS

<88年ソウル五輪の高揚感と「国威発揚」を体験した身からすると、自由に「NO」と言える五輪には新鮮さを感じる>

このコラムが出る頃には紆余曲折のあった東京五輪も本格的にスタートし、日本国民の55%が反対していると報じられた雰囲気も少し変わってきているかもしれない。ただこのコラムを書いている開幕直前までの雰囲気は、引き続き反対論が強いようだ。

新型コロナウイルス対策との整合性という問題は確かにあるにせよ、実は個人的には「多くの国民が反対するなかで開催される五輪」に新鮮さを感じている。

韓国人である私にとって、最も印象深い夏季五輪と言えばやはり1988年のソウル五輪だ。韓国では、軍事クーデターで政権を取り、多くの市民に被害を与えた光州事件を引き起こした全斗煥(チョン・ドゥ・ファン)大統領の「唯一の肯定的な功績」と言われたりもする。

あの時は開催の何年も前から、テレビで毎日のように五輪関連の報道がなされ、「五輪開催によって韓国もついに先進国へのステップを上がり始めた」という高揚感に国全体が包まれていた。

ソウル五輪のマスコットはトラの子供「ホドリ」だが、今の東京五輪のマスコットとは違い、韓国国民であれば知らない人はいなかった。開幕1年4カ月前から『走れホドリ』というアニメが毎週末に放映され、子供たちの間での五輪ムード盛り上げに一役買っていた。

開幕すると、当時ソウル市内の高校生だった私も観戦に動員された。実は私はスポーツにはあまり関心がない。無理やり連れていかれるのは嫌だったが、当時はそんなことを言える雰囲気ではなかった。

弟は五輪を心から楽しんでいた

もちろん心から五輪を楽しんだ市民も多かった。私の弟もその1人だ。開幕以前から五輪関連の新聞記事をスクラップして楽しみに待ち、観戦動員も授業が休みになって友達とわいわい言いながら予選を見たから、本当に楽しかったのだそうだ。

ちなみに私は陸上のスター、カール・ルイスの100メートル走予選、弟は走り幅跳び予選を見た。

ソウル五輪と比較すると、コロナ禍の今回の東京五輪は雰囲気が全く違う。

IOC(国際五輪委員会)のバッハ会長の歓迎会には反対デモが起き、テレビのニュースでは、五輪について「正直、迷惑ですよね」と語るトラック運転手のコメントが報じられていた。首都高速で五輪関係車両を優先するために渋滞が起き、輸送に普段の何倍もの時間がかかるのだそうだ。

いろいろと東京五輪関連のトラブルも報じられるが、そもそも国民の約半数が開催に否定的な見方をする五輪が、64年の東京や88年のソウル、08年の北京のように国民に高揚感をもたらす「国威発揚五輪」になるはずがない。そして、それはそれで良いのではないかと思う。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

ワールド

アフガン南部のモスクで自爆攻撃、ISが犯行声明 3

ワールド

焦点:韓国と北朝鮮の「軍拡最前線」、兵器展示会でつ

ビジネス

米国株式市場=続伸、ゴールドマン決算を好感 ダウは

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団発の不動産ドミノが始まった

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 9

    カーク船長の宇宙飛行に黒い疑惑──生命を尊重する『…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 6

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 7

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中