コラム

なぜ日本はオウム裁判を録画しなかった? フランス人が感じる不思議

2021年09月22日(水)11時42分
西村カリン
松本智津夫逮捕

逮捕された松本智津夫を乗せた警察車両(1995年5月16日) MASAHARU HATANO-REUTERS

<フランスでは2015年パリ同時多発テロの裁判が始まったが、多数の傍聴者を収容できる法廷が新設され、裁判の様子も撮影されている>

9月8日、フランスで「パリ同時多発テロ事件」の裁判が始まった。2015年11月13日の夜にパリ郊外の競技場、パリ中心部にあるバタクラン劇場と複数の飲食店で同時にテロが起きた。

過激派組織「イスラム国」(IS)の指示を受けた首謀者アブデルハミド・アバウドら10人のテロリストによる無差別テロ攻撃だった。130人が死亡し、300人以上がけがをしたフランス史上最大のテロだった。

実行犯のうち、9人は自爆などで死亡した。残る1人はベルギーで逮捕され、今回の被告となっている。他の19人の被告は武器入手など準備を担当した人たちで、そのうち国外にいる1人と、死亡したとみられる5人は欠席裁判を受ける(フランスの法律では欠席裁判が可能)。

犠牲者の遺族やけがをした人々だけではなく、全てのフランス人にとってとても重要な裁判だ。オウム真理教による地下鉄サリン事件の裁判などと同じように、何が起きたかを理解するために必要な、歴史に残る裁判だから日本のマスコミもきっと大きく報じるだろうと思っていた。

でも、期待したよりニュースは少なかった。外国におけるテロ裁判の仕組みを知るいい例なのに、とても残念だ。

550人収容の大規模法廷を建設

今回は関係者が多いため、普通の法廷では傍聴席が足りないと国は判断した。だから550人以上収容できる新しい大規模法廷が建設され、11カ所の傍聴室も用意された。

遺族、300人以上の弁護士や他の関係者で合計2000人が出席する(うち報道は58の外国のマスコミも含めて、141人)。トラウマを受けた遺族や巻き込まれた人は出席するとは限らないので、30分の時間差で法廷の音声を流す関係者向けネットラジオも開始された。

裁判中にフラッシュバックなどの恐怖を感じる証人や遺族がいると想定し、精神的サポートをするチームもある。裁判の様子は8台のカメラで撮影される。ただし主に研究と歴史的記録が目的で、特別な許可がない限り50年間は見ることができない(今まで14件の裁判が撮影対象となった)。こうした特別な措置が取られると知ったときには、とてもびっくりした。

私は何度も東京の裁判所で傍聴したことがあるが、いつも法廷が狭いと感じる。報道席に入れる外国人記者は最大で5人、国内マスコミは20~25人。殺人事件の裁判で残酷な場面の写真などを傍聴人に公開しないのも、「公判」と言えるのか疑問に思う。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米入国の外国人にワクチン義務化、バイデン氏が署名 

ビジネス

米スタバ、インドで出店加速へ ドライブスルーなど検

ビジネス

「新しい資本主義実現会議」が初会合、11月上旬に緊

ビジネス

SKハイニックスの第3四半期、営業利益が18年以来

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 2

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 5

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 8

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 9

    アップルカー、中国企業に振られる? EV電池調達でパ…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中