コラム

『窓ぎわのトットちゃん』の楽園で、「徒歩の旅」の先人に出会う

2021年03月11日(木)15時30分

◆輝く日々を彷彿とさせる楽園

060.jpg

「安曇野ちひろ公園」では、オンシーズンならトモエ学園の電車の教室や講堂を模した施設の中にも入れるのだが、あいにく訪れた日はちひろ美術館とともに冬季休園中。外から眺めるだけとなった。でも、北アルプスが見下ろす「トットちゃん広場」が、春になれば楽園のようにキラキラと煌くのは、雪国の春を各地で経験したことのある自分にはよく分かる。

今回、『窓ぎわのトットちゃん』を読み返して強く感じたのは、このエッセイが、反戦文学としても非常によくできていることだ。中盤まではトットちゃんたちの楽しく優しい学園生活が生き生きと進行するが、戦争が進むにつれて暗い影が忍び寄り、ついには空襲によって校舎が全焼。地上の楽園は霧散してしまう。終わりの時のことは比較的淡々とした筆致で書かれているのだが、それがかえって強い喪失感を生む。

かつてこの日本にも夢のような学校があったことは、決して忘れてはならないと思う。実際にトモエ学園があった場所は、今はスーパーになっているという。その点、ここ松川村の「トットちゃん広場」には、まだ楽園めいた景色が広がっている。隣接する美術館のちひろの児童画と共に、この地を自由教育のメモワールの地としたのは、正解かもしれない。

065.jpg

◆国道脇の戦没者慰霊碑

072.jpg

ちひろの両親ら開拓農民が拓いた松川村の山麓の農地では、りんごやイチゴが栽培されている。直売所で売っていたイチゴは、これまで自分が食べた中で、最も甘い大粒のイチゴだった。昔はイチゴといえば酸味が強くて練乳や砂糖と牛乳をかけて専用の底が平らなスプーンで潰して食べたものだが、松川村のイチゴには酸味が一切なかった。ただただ甘いのだ。

076.jpg

極上のイチゴで疲れを癒やし、信州最後の市街地である大町市に向け、緩やかな上り斜面に広がる農地をひた歩く。やがて、仁科三湖がある山とその先の日本海の方向から、強い北風が吹きつけてきた。国道に復帰すると、ようやく大町の市街地が見えた。道路標識には「糸魚川85km」の文字。そして、大町の市街地に伸びる直線の途中に、戦没者慰霊碑があった。同じ「平和」と「戦争」について考えさせるメモワールでも、「トットちゃん広場」とはずいぶんと日の当たり方が違っていた。こちらはほとんど手入れされた形跡がなく、草むした日陰の草地にひっそりと立っていた。

続いて、国道脇の神社で、不思議な手書きの看板を目にした。金の紙で飾り付けられた行灯のような立体物に、「紘八遍徳神」「今月今晩」と墨書されている。「今月今晩」は祭礼の日時を示すものだとなんとなく分かるが、「紘八遍徳神」は、調べてもよく分からなかった。日本書紀を出典とする「八紘一宇」(天下を一つの家のようにまとめること)という言葉あり、これは第二次世界大戦中、「日本の中国・東南アジアへの侵略戦争を正当化するスローガンとして用いられた」(ブリタニカ国際大百科事典・小項目事典)とされている。先の寂れた戦没者慰霊碑と何か関係があるのだろうか。

日が沈む少し前に、大町市街の南大町駅に到着。次回は、大町の資料館で田中さんに教えてもらった「塩の道」のことを勉強してから、仁科三湖(青木湖、中綱湖、木崎湖)を目指す予定だ。

121.jpg

国道脇の戦没者慰霊碑

125.jpg

不思議な看板がかかった神社の舞台

114.jpg

map3.jpg

今回歩いたコース:YAMAP活動日記

今回の行程:安曇追分駅 → 南大町駅(https://yamap.com/activities/10006985)※リンク先に沿道で撮影した全写真・詳細地図あり
・歩行距離=19km
・歩行時間=7時間59分
・上り/下り=209m/48m

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国がカナダ2社のカノーラ種子輸入規制解除 3年ぶ

ビジネス

テスラ車絡む今月の死亡事故、米当局が運転支援機能巡

ワールド

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種

ワールド

NZ、今年度の財政赤字は予想より小幅に 黒字化は後

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中