コラム

旧道からの県境越えで出会った「廃墟・廃道・廃大仏」

2021年08月26日(木)16時52分

第28回 南小谷駅 - 平岩駅
<令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた。>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの27回で実際に歩いてきたルート:YAMAP「軌跡マップ」より

◆トンネルが連続する国道を避けて・・・

約2年半かけて東京から日本海を目指して歩き継いで来たこの旅も、ゴール間近だ。今回は、長野県最後の特急停車駅、南小谷(みなみおたり)駅から歩き始め、新潟県境を目指す。ずっと日本列島の東西の境目にある大地溝帯、フォッサマグナに沿って歩いているのだが、このあたりの地形はその西端の糸魚川静岡構造線の真上ということになる。

実際に歩いてみると、北アルプスから日本海に注ぐ姫川が、ちょうど糸魚川静岡構造線を視覚的に認識できるような形で谷底を流れている。その川沿いを通る国道148号をまっすぐ歩いていけば、目指す日本海に到達する。

ただ、このあたりは中部山岳地帯から日本海に下りていく急峻な地形になっていて、国道148号は長いトンネルの連続になっている。そして、148号のような片側一車線の「3桁国道」のトンネルには、たいてい申し訳程度の歩道しかついてない。148号とは3回前の大町市からの付き合いだが、過疎地とはいえそれなりに交通量がある。そんな国道をトンネルを何本も歩いて抜けるには少々勇気がいる。それ以上に、黙々と暗いトンネルの中を歩くばかりではつまらない。そのため、今回はできるだけ国道のトンネルを迂回する旧道を探しながら県境を目指すことにした。

A1_07153.jpg

南小谷駅前にかかる橋から眺める姫川。目指す日本海に注ぐ

A1_07157.jpg

南小谷の国道148号。この先、トンネルを避けて迂回路を探しながら進むことにした

◆川向うの旧街道を歩く

A1_07215.jpg

橋を渡って川向うの旧千国街道へ

現代の148号と対をなす旧街道は、日本海から信州に至る「千国(ちくに)街道」だ。おもに日本海の塩を信州の山間部に運んだことから「塩の道」とも呼ばれる。日本海側の起点が目指す現在の新潟県糸魚川市、信州側の端が「塩の道の終点」を意味する長野県塩尻市である。旧街道沿いには今も、歴史の名残りを感じながらハイキングやサイクリングをしたい旅行者向けに「塩の道」の看板が立っている。

南小谷駅から続く国道沿いの家並みが途切れたあたりに、古めかしい馬頭観音があった。その先の脇道への交差点に行くと、「〇〇道方面」と書かれた錆びついた看板。地図と照らし合わせて姫川にかかる橋を渡った川向うが旧千国街道だと判断し、国道を離れた。

A1_07223.jpg

千国街道沿いには古い野仏や石碑が点在する

A1_07245.jpg

旧街道の風情を残す集落をランナーが走り抜けていった

その判斷は正しかった。橋を渡った先に「塩の道・千国古道」の標識があり、歴史を感じさせる日本の古き良き夏の街道風景が広がった。道と平行して単線の大糸線の線路があり、まだローカル線の鉄道旅行が盛んだった昭和の風情も同時に感じることができた。

しかし、その旧道も小一時間ほどの歩きで再び国道に合流。目の前にトンネルの入り口が現れた。地図を見ると大糸線の中土駅に至る迂回路があったのだが、ここは少し時間と距離を稼ごうと、また、一本くらいは歩いてみようと、1km余りのトンネルを突っ切ることにした。細い歩道に上がって中に入ると、照りつけていた真夏の日差しがスッと消える。しかし、だんだんと埃と排気ガスの息苦しさに気分が沈み、轟音と共に背後から迫ってきて肩を掠めていく大型トラックにビクビクしながら、黙々と歩を進めるのみである。やはり、国道のトンネルは間違いなく歩行者向きではない。

A1_07253.jpg

単線が伸びる大糸線を渡って国道に合流

A1_07369.jpg

大型トラックが肩をかすめる息苦しいトンネルを黙々と歩いた

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 7

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 8

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 9

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 10

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中