コラム

「五輪」の節目に、北アルプスで若者の希望と没落の象徴をみる

2021年08月02日(月)10時10分

撮影:内村コースケ

第27回 白馬ジャンプ競技場 - 南小谷駅
<令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた。>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの26回で実際に歩いてきたルート:YAMAP「軌跡マップ」より

◆時代の節目を見る旅のキーワード「五輪」が開幕

いよいよ1年遅れの2020東京オリンピック・パラリンピックが開幕した。この「日本横断徒歩の旅」は、今回の東京オリンピックを戦後2度目の日本の節目と捉え、列島の中心をひたすら歩くことで、「日本の今」のリアルなディテールを体感しようという企画である。そのため、五輪に合わせてゴールするのが目標の一つであった。残す所あと40kmくらいだから、どうやらパラリンピックの閉会式がある9月5日前後には目標の新潟県糸魚川市に到達できそうである。

前回は、1998長野オリンピックの会場の一つとなった白馬のジャンプ競技場まで歩いた。施設内を見学し、ジャンプ団体の金メダルの栄光に思いを馳せたわけだが、五輪を軸に日本の戦後史を考えるとすれば、1964東京オリンピックが高度成長の号砲なら、バブル崩壊から10年を経た長野五輪の1998年は「戦後日本」の成長の限界点だったと思う。今回の東京五輪までの23年間は「失われた20年(30年)」という長い空白期間であり、東京五輪後にいいかげん前に向かって動き出さなれば、この国は堕ちていくしかないと僕は考えている。

それにしても、オリンピック開幕までの流れは、あらためて一つひとつの醜態を説明するまでもなく、かなり悲惨であった。開会式直前まで、「盗用」「政治利権」「広告代理店の暗躍」「いじめ」「差別」といった長野からの23年間にたまったポストバブルの日本社会の膿が、怒涛のごとく吹き出した。膿を出し切らなければ次のステップへは進めないのは道理だが、無観客の空疎な開会式の映像が、ここまで歩いて来た廃墟だらけの道のりで感じてきた、寂寞感漂う今の日本の空気と重なり合う。テレビで開会式を見ながら、正直寒気がした。

A1_01006.jpg

今回のスタート地点は、長野オリンピックのジャンプ会場

◆鬱屈した気分を晴らしに絶景スポットへ

A1_01175.jpg

北アルプスの雪解け水の清流。暑さを忘れさせてくれる

2020年・令和元年・オリンピックと、新たな時代に向けた区切りは、コロナによってガッツリと水を差された感もある。この旅も、緊急事態宣言が続く中、ずいぶんと世間の目を気にしながら制約の中で進めてきた。早くマスクをかなぐり捨てて自由に歩きたいところだ。

幸い、白馬にはそうした鬱屈した気分を晴らす絶好のスポットがある。北アルプスが眼前に迫る白馬岩岳の山頂に、カフェが併設された展望テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」が3年前にオープンした。以前、撮影で行ったことがあり、圧倒的な爽やかな景観にもう一度身を置きたいと思っていた。暑気払いにもちょうど良い。ジャンプ競技場から1時間余り歩き、リフトに乗って山頂を目指した。

A1_01269.jpg

リフトに乗って白馬岩岳の山頂へ

◆雲上のウエディング・フォト

A1_01443.jpg

岩岳山頂から雲の合間に見えた杓子岳山頂

A1_01355.jpg

山頂には子どもたちに人気の「ハイジ」風の空中ブランコも

白馬岩岳は白馬地域唯一の独立峰で、標高1,289mの山頂の目の前に北アルプスの白馬三山(しろうまさんざん=白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳)がそびえ立つ。そして、その北アルプスを正面に見据える形でオシャレなウッドデッキ(マウンテンハーバー)が設置されている。この日は雲が出ていたが、三山の真ん中に位置する杓子岳の山頂が見え隠れし、国内で数少ない氷河に認定されている唐松沢雪渓も雲海の下に望むことができた。コロナ下とはいえ、日曜日だったのでそれなりに登山客や家族連れが集まっていた。マスクは外せなかったが、絶景を眺めながらコーヒーとシナモンロールを味わう思惑通りのリフレッシュタイムを満喫した。

マウンテンハーバーの中央には、北アルプスに向かって突き出た桟橋状のデッキがある。そこで記念写真を撮る人たちをしばらく眺めていると、ウエディングドレスとタキシード姿の新郎新婦が、カメラマンを伴ってやってきた。最近は趣向を凝らした前撮りウエディング・フォトを撮るカップルが増えている。僕もカメラマンとして「爆発」をバックに若い二人を撮ったことがある(下の写真)。ここの絶景もそうだが、少しシュールなミスマッチが、自分たちだけの個性的な思い出として歓迎される時代だ。今は、写真館で撮る花嫁衣装と紋付き袴姿の決まりきった結婚写真は、選択肢の一つでしかない。新しい夫婦像と言うと大げさかもしれないが、新時代への転換が求められるこの時代だからこそ、型にはまらない新しいものを求める若者たちを、僕はおおいに応援したい。

084.jpg

以前撮影した爆発的なウエディング・フォト。新郎新婦自らが企画した

A1_01505.jpg

北アルプスの絶景を背景にウェディングフォトを撮るカップル

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 7

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 8

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 9

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 10

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中