コラム

ヒラリーがベストセラー作家と組んで書いたスリル満点の正統派国際政治スリラー

2021年10月19日(火)14時30分

ビル・クリントンがジェイムズ・パタースンと共著した政治スリラーからはビルのマッチョな英雄ファンタジーを感じるが、それ以外は政治的に無難な作品だ。それと比べ、ヒラリー・クリントンがルイーズ・ペニーと共著したこの国際政治スリラーは、異なる名前を使っているだけで、ドナルド・トランプ、ウラジーミル・プーチン、アリ・ハメネイ最高指導者、ボリス・ジョンソンなど実在の人物を連想させる登場人物ばかりだ。ウィリアムズ大統領は、トランプそっくりそのもののダン大統領に続く新大統領なので時代は異なるが、現大統領のジョー・バイデンではなく、バラク・オバマに近いのではないかと感じる。

2008年大統領選挙の激しい予備選を解説した『Game Change』、オバマ政権で国務長官を努めたヒラリーの自伝『Hard Choices』、ヒラリーと同時期にオバマ政権で国防長官を努めたロバート・ゲイツの自伝『Duty』などを読んだ経験から、オバマ大統領とクリントン国務長官との関係が複雑であったことは想像できる。

この国際政治スリラー『State of Terror』は、新任の国務長官だったときのオバマとヒラリーの関係を想像させるような生々しさがある。これまでのヒラリーが自伝で口を濁してきたことを、「フィクション」という形で自由に書けるようになったからかもしれない。『State of Terror』がビル・クリントンのスリラーより面白いのは、体験者でしかわからない政治的なかけひきの生々しさやリアルさだ。詳細部分でまるで壁のハエになったような気分を味わえるので、500ページ以上の長さだが全く飽きることがなかった。

米政治分断の危うさ

ヒラリーが選んだ共著者もいい。ケベック州の小さな村を舞台にしたルイーズ・ペニーの人気シリーズの魅力は登場人物たちの心理が見事に描かれているところだ。それがこの国際政治スリラーでも活きている。エレンが母としての私的な感情と国務長官としての公人の立場で悩むところなども読み応えがある。スリラーにはよくロマンスが含まれているが、このスリラーの中心にあるのはエレンとベッツィーとの友情だ。ガマシュ警部がカメオ出演するところも読者サービスとして楽しめる。

ヒラリーは現役の政治家時代に核兵器についての危機感をよく口にしていたが、その最悪のシナリオもここでは描かれている。現在のアメリカの政治的分断の危うさについても。『State of Terror』は、ヒラリーのファンでなくても政治好きなら絶対に楽しめる本格派の国際政治スリラーである。


プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル3週間ぶり高値、FRBが3月利上

ビジネス

カナダ中銀、金利0.25%に据え置き 近い将来の利

ビジネス

FRB、3月利上げの可能性示唆 インフレ対応へ転換

ワールド

米、安全保障巡りロシアに文書で回答 国務長官「真剣

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中