コラム

G7サミット「経済の強靭化」で日本が果たす役割

2021年06月21日(月)16時20分
G7サミット

G7各国がグローバルなサプライチェーン、特に保健、安全保障、環境などの国際公共財の分野における関係性を強化することを謳った意義は極めて大きい Jack Hill/REUTERS

<G7サミットで、特に注目される要素は「クリティカル・サプライ・フォーラム(CSF)」の設立に向けた提案が行われたことだ>

G7サミットで策定されたコンウォール・コンセンサスのポイントの1つは、経済の強靭性に関する様々な提言である。自由と民主主義の価値観を共有するG7各国がグローバルなサプライチェーン、特に保健、安全保障、環境などの国際公共財の分野における関係性を強化することを謳った意義は極めて大きい。

バイデン政権の戦略は対中国という安全保障上の観点から死活的重要性を持つ物資のサプライチェーンを見直し、世界のGDPの50%以上を有する民主主義諸国が共同して中国との交渉にあたるというものだ。バイデン政権は2021年2月24日大統領令を発令し、医薬品、半導体、レアアース、電気自動車用バッテリーにおけるサプライチェーンの見直し計画を公表しており、今回のG7サミットではその戦略を更に一歩推し進めるための国際的なコンセンサスの形成に成功したと言えるだろう。

特に注目される要素は「クリティカル・サプライ・フォーラム(CSF)」の設立に向けた提案が行われたことだ。同フォーラムは当初は3つの分野、保健、レアアース、半導体に焦点を当てる旨が述べられており、危機時のG7プラス即応メカニズム整備、サプライチェーンのストレステスト情報共有、レアアースの情報共有プラットフォームの設立などが強調されている。

中国による戦略物資を使った外交攻勢に備える仕組みを構築

つまり、これらの優先事項は中国による戦略物資を使った外交攻勢に備える仕組みを構築するということを意味する。

パンデミックなどが生じた際に迅速に情報と物資を共有する即応体制を整備することは、民主主義国陣営が世界の外交交渉の場で有利にゲームを進めることを可能とする。パンデミック自体への対応力をつけることは当然だが、それに付随するワクチン外交などの影響力競争に勝利する体制を作ることは外交上重要である。

また、半導体やレアアースなどの中国依存度が極めた高い戦略物資に関する情報共有と多角化は、中長期的に予測される中国側の輸出禁止措置などに対抗するための能力を底上げすることを意図している。米国は依然としてレアアースの中国依存度が高く、レアアースの有効活用・再活用・多角化が急務となっている。

日本はこのサプライチェーン問題に関する知見・経験がある

一方、日本の菅総理は4月にバイデン大統領の初直接面会時に経済の強靭化に関するベースとなる部分を事前協議し、既にその戦略の根幹を共有して動き始めている。日本は半導体生産の一部では一定の強みを維持しており、中国によるレアアース禁輸措置を経験・克服した国でもある。そのため、他のG7各国よりも同サプライチェーン問題に関する知見・経験を有しており、その体制構築に関して主導的な役割を担うことができるだろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

先端技術開発の基金創設へ=山際経済再生相

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 8

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 9

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 10

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中