World Voice

powerd_by_nw

日本人コーヒー生産者が語るコロンビア

松尾彩香|コロンビア

コロンビアの報道から知る「ミュー株」

©️iStock - Julia Garan

8月30日、世界保健機関(WHO)がミュー株を「注目すべき変異株(VOI)」として位置付けました。

これを受けて厚生労働省が国立感染症研究所による検査結果を改めて調べたところ、6月と7月に空港検疫で感染が判明した2人からミュー株が確認されたと話題になっています。

このミュー株はワクチンの効果を低下させる可能性があると指摘されたことから、現在感染が深刻化している日本では「もっと感染者が増えるのではないか」と多くの方が不安に思っているのではないでしょうか。

このミュー株はコロンビアで今年1月に発見された変異株。ミュー株について、コロンビアでの報道を参考に分かっていることを書き綴っていきたいと思います。

私は化学者でも医療関係者でもないので、今から書くことはこちらの報道と私が肌で感じた事のまとめに過ぎないと言うことをご了承ください。

 

ミュー株は「コロンビア由来」ではない

いくつかの日本の報道で「コロンビア由来」と書かれているミュー株。確かに今年1月コロンビアの国立衛生研究所で発見された変異株ではありますが、この研究所のディレクターであるマルタ・オスピナ氏は現地ラジオ番組で「これはコロンビア株ではありません。ミュー株は当時注目されていた株と似た性質を持っていたため、研究所に持ち込まれコロンビアで新しい変異株として登録されましたが、その頃には既にスペインやイギリスでミュー株の感染は広がっていました。」と話し、この変異株がコロンビアで生まれたとは言い切れないと言うことを強調しています。

 

コロンビアの第3波の半分はミュー株だった

コロンビアの国立衛生研究所は、コロナウイルス第3波真っ只中だった4月15日から6月15日までの3ヶ月間で、どの変異株が蔓延していたのかを調査しました。

その結果集められた1101のサンプルのうち、半数以上の52.7%がミュー株だったことが分かっています。次に多かったのはガンマ株で23.3%。隣国ペルーで猛威を奮っていると言われているラムダ株はわずか3%という結果になりました。

このミュー株が蔓延していたコロンビアの第3波はすでに収束を迎えており、1日に3万人を超えていた新規感染者も9月1日には1,996人と大幅な減少を見せています。

 

ワクチンが効かない?

このウイルスで心配されているのがワクチンが効かないのではないかと言う点。

ミュー株にはウイルスの表面に存在するスパイクタンパク質に3つの変異が見られることから免疫逃避の可能性が心配され、ワクチンの効果が減少する可能性が否定できないとされています。

ワクチンの効果についての具体的な数字が出ていないことからこれについては白黒はっきりしていませんが、ミュー株が半数を占めたコロンビアでは重症化して集中治療室にはいった患者の約8割がワクチン未摂取だったと発表されていることから、ワクチンが重症化を抑えると言う点では効果はあることに変わりはないのではないでしょうか。ただ、他の変異株と同じようにワクチンが「ウイルスに感染しない」ことは保証されないと思うので、ワクチンを接種したあとも引き続き感染対策が重要になることには変わりないと思います。

  

感染力が強い?

コロンビアのコロナウイルス第3波は過去最高の新規感染者数を叩き出すほどでしたが、同じタイミングでコロンビアでは反政府デモが頻繁に行われていたことから、この感染者の急な増加が変異株と関係があるかどうかは分かりません。

今回ミュー株が位置付けられた「注目すべき変異株」はデルタ株が分類されている「懸念される変異株」よりも警戒レベルが低く、キューバのメディアPRENSA LATINAでは「専門家たちはデルタ株が最も感染力が強いと考えている」とも報じられています。

ミュー株の感染力についての具体的なデータはこれから検証が進んでいくにつれて明らかになっていくと思いますが、現時点ではまだはっきりとしない点が多いのが現状のようです。

 

  

ミュー株についてはまだ明確でない点が多々ありますが、そんなミュー株について「ワクチンが効かない」「2回ワクチンを打ったのに死亡した」と不安を煽るような見出しが目につきます。こういった報道を見るたびに、タイトルに惑わされずに正しい情報源から冷静に情報を読み解いていく力をつけていく必要があるな、と改めて感じたりしています。ミュー株についてすでに蔓延を経験した国から正しい情報を発信できるように、これからもこちらでの報道にしっかり目を通していきたいと思います。

 

Profile

著者プロフィール
松尾彩香

コーヒー農家を営む元OL。コーヒーを栽培する一方で、コーヒー農家の貧困や後継者不足問題、コロンビアでの生活についてSNSを通じて発信。朝の一杯のコーヒーに潜む裏話から、日本ではあまり報じられないコロンビアの情勢まで幅広くお伝えします。

ブログ: http://campesinita.com

Twitter: @maon_maon_maon

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ