コラム

駅や交差点で人にぶつかるような人が「部下育成」に向いていない理由

2020年01月29日(水)13時20分

歩きスマホ同士ならともかく、いっぽうが普通に歩いていたらよけられるはずだ。お年寄りや、体が不自由な方ならともかく、そうでもないのに、よけられないのは、なぜか。

「注意力」というスキルが足りない?

ラッシュ時の駅や、スクランブル交差点など、別々の方向に歩く人が混ざり合う場所で、人とぶつかってしまうことがある――。

そのような人は、気を付けたほうがいい。慢性的に、周りへの注意が足りない人だからだ。

同じ方向で歩いている人が多い場所でも、ぶつかるのであれば、かなり注意力が足りない。もしそういう人がキャリーバッグなどを使う場合は、よほど気を付けたほうがいいだろう。

「キャリブレーションスキル」――いわゆる「先回りの観察眼」が足りないからだ。

当然のことながら、このようにキャリブレーションスキルが足りない人は、「部下育成」には向いていない。

とくに昨今は、自分の感情をうまく表現できない若い人が増えている。意思表示が苦手な「コミュ障」と呼ばれる人も、少なくない。

だから、言語化されない部下の心の動き、表情や姿勢から発せられるメッセージを、しっかりキャッチするためのキャリブレーションスキルが不可欠なのである。

部下に「辞めたい」と言われてからでは遅い

現場で支援をしていると、キャリブレーションスキルが低いミドルマネジャーをよく目にする。

部下によく声をかけるし、飲み会にも積極的に誘う。はたから見ると、部下想いの上司のように見える。にもかかわらず、部下をうまく育てられないのだ。

部下からは「わかってくれてない」と思われているから、仕方がない。キャリブレーションスキルが低いからだ。

問題なのは、キャリブレーションスキルが低いことをなかなか自覚しにくいことだ。部下から「辞めたい」と言われてはじめて気づくのでは、遅すぎる。

優秀な客室乗務員は、「乗客にコールボタンを押されたら負け」と常に考えているそうだ。コールボタンを押される前から、乗客がこちらを見る目、見ていなくても行動の変化などを察知し、先回りして声をかけることが大事であると意識しているからだ。

部下育成だけでなく、これからの時代に必要なスキルである。

このようなスキルを身につけたければ、相手の一挙手一投足を見つめ、表情の変化を読み取り、次に自分が何をしたらいいのかを先回りして観察する習慣を身につけたい。

人混みに入っても、自分が向かう先のことばかり考えず、周囲に気を遣いながら進む努力を続けるのだ。歩きスマホをしている人を、ひらりひらりとかわすぐらいに感度を高めよう。日々の努力で、自然と身に付いていく。

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

プロフィール

横山信弘

アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

IMF、22年のロシア成長率見通し2.8%に下方修

ビジネス

米CB消費者信頼感、1月は113.8に低下 消費意

ワールド

米、欧州へのエネルギー供給巡り主要生産国・企業と協

ビジネス

米GE、第4四半期は供給網の混乱で減収 株価8%安

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中