コラム

日本は北京五輪ボイコットの先兵になる(はず)

2021年08月18日(水)15時03分

健全な日本と対照的なのは、皮肉にも過去に日本に侵略された中国だ。戦後の長い道のりを経た日本が人権と民主主義的価値観を尊重する平和国家に成長したのに対し、中国はその独裁的で他民族を差別する古い体制と思想から脱却できないでいる。

昨年夏には、同国の「模範的な自治区」とされる内モンゴルでモンゴル人の母語教育の権利を剝奪して同化政策を強化した。イギリスから返還された後も50年間は「高度な自治」を保障すると国際社会と交わした香港をめぐる約束も簡単に破り、国家安全維持法を導入して苛烈な弾圧を緩めようとはしない。

極め付きは新疆ウイグル自治区だ。ジェノサイド(集団虐殺)が横行している、と欧米諸国は当事者の証言と独自調査に基づき断定している。日本国民も女性差別は決して許されるものではないと認識しているので、国民の代表である女性国会議員たちはウイグル人女性に温かい手を差し伸べるだろう。

中国政府は十数年も前からウイグル人女性たちに対して不妊手術を施し、出産をコントロールしてきた。100万人も収容した施設では性的な虐待が横行している、と脱出した多くの女性たちが証言している。

東京五輪の開催で過去のどの時代よりも正義と人道主義思想が確立されたのだから、日本は政財界を問わずに、北京の冬季五輪ボイコットの先頭に立つだろうと国際社会から期待されている。日本人自身もその責任の重大さが分かっているに違いない。自国には厳しく、中国には弱いと見られたくないだろうから。

 20220524issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月24日号(5月17日発売)は「歴史で読み解く ロシア超入門」特集。ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義。政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を知る


プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ウクライナ戦争で難路、銀行は備えを=ECB

ビジネス

自動車の税制改正、成長に向け「設計図描き直す時期」

ワールド

原油先物切り返す、需給逼迫懸念が優勢に

ワールド

北朝鮮のコロナ感染、4月の軍事パレード後に拡大=韓

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中